十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

せかいいちうつくしいぼくの村」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいいちうつくしいぼくの村 作・絵:小林 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年12月
ISBN:9784591041901
評価スコア 4.81
評価ランキング 242
みんなの声 総数 26
「せかいいちうつくしいぼくの村」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 衝撃のエンディング

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1995年の作品。
    作者の小林豊さんが、訪れたアフガニスタンの村を元にしており、小4の教科書(東京書籍)に掲載されているようです。

    アフガニスタンと言えば、1979年末のソ連軍侵攻以来、タリバン、アメリカの侵攻を受けて国土の破壊が進行し、米軍が今も「対テロ戦争」を続けています。
    現在も大量の難民(周辺国合計で約260万人)が発生している他、テロ、麻薬の問題など、懸念事項が未解決のまま残っているのですが、最初は、そんな国であっても人々は前向きに生きているというメッセージなのかと思って読みました。

    物語は、
    「すもも、さくら、なし、ピスタチオ。
    はる。
    パグマンの村は、はなで いっぱいに なります」
    との書き出しで始まります。

    夏になり、兄さんが戦争にいってるので、替わりに弟のヤモが、ロバのボンパーとお父さんと町に果物を売りに出かけます。
    アフガンの喉かな光景があり、町も町人も実に大らかであって、異国風情を思う存分満喫できます。
    ヤモが一人でさくらんぼを売るのですが、これなんか、同じ年代の子が商売をしてるのですから、感銘を受けることでしょう。
    戦争で足を無くした人が出てきたり、町の食堂では、隣の人と戦争の話をしたりと、戦争の影は盛り込まれてはいるのですが、絵としては描かれておらず、あまり気にも留めませんでした。

    果物を売った対価で、子羊を買い村に戻るのですが、夕日に照らされた帰り道も、実に美しい光景だと思います。
    物語は、これで終わりと思いきやさにあらず。

    最後のページに絵はなく、一文で終わるのですが、衝撃的な終わり方です。
    大どんでん返しとは、正にこのこと。
    あまりに強烈過ぎて、言葉を失ってしまう、そんな表現がピッタリ。
    読んで感じて頂くしかないのですが、この作品は、その一文を伝えたいがために、それまでの文章が存在しているとさえ言える作品なのです。

    続編として「ぼくの村にサーカスがやってきた」「せかいいち うつくしい村にかえる」がありますので、あわせて読むことをオススメします。
    対象年齢は、小学校中学年以上が適切だと思います。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 余韻と衝撃

    アフガニスタンの本はこれまでに何冊か読んだことがあり、地雷が埋まって作物も作ることができないということを知っていました。

    読み始めた時に、この絵本の美しい風景がアフガニスタンのものだとは想像すらしていませんでした。

    あとがきを読んで、このお話がアフガニスタンであったことを知り、失ったものの大きさを思いました。

    作品の中には、戦争という言葉は出て来ますが、破壊されていない美しい風景が限りなく広がっています。

    この絵本の風景が限りなく美しく、人々の営みも普通であるだけに、この絵本を読んだ後の余韻と衝撃は大きいものでした。

    戦争のむごさ、恐ろしさは語りついでいかなくてはいけないものだと思います。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 衝撃のラストページ

    春ののどかな風景からはじまるこの本。
    兄が戦争に行っていて、いないという家族設定ですが
    深刻さはなく
    果物売りに出かける父と息子のすがたが
    のんびりと描かれています。
    果物が全て売れて、よかったなぁと思いきや・・
    ラストページに、絵もなく
    ただ、文字だけで
    「村は戦争で破壊され、もうありません」・・と・・。

    娘と2人「ええぇぇぇ!!」と絶句しました。
    それと知って読み返すと
    なんともいえない気持ちがこみ上げてきます。

    戦闘状態にある国でも
    日常があり、そして、その日常は、実はあたりまえではない・・・。
    考えさせられる一冊です。

    掲載日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいいちうつくしいぼくの村」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / 100万回生きたねこ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット