雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ちいちゃんのかげおくり」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ちいちゃんのかげおくり 作:あまん きみこ
絵:上野 紀子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784251030115
評価スコア 4.78
評価ランキング 444
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもたちに伝えたい…、でも、せつない話

    からだの弱い人までも招集される、太平洋戦争終末期の悲惨さ。
    誰もが悲壮感を感じながら、思想統制で作られた使命感で自分を納得させようとしていた時代。
    こんなに悲しいお話が、絵本で見事に表現されています。
    読みながら、胸の中にこみ上げてくるものがありました。
    戦争の中で、家族が死んでいく。最後にちいちゃんも死んでいく。
    救いようのない話なのに、とてもソフトに描かれているのが、この本のやさしさであり、奥深さでもあると思います。
    息子は「悲しい話だね」と一言。
    あまんきみこの抑えた語りが素晴らしく、上野紀子の絵が幻想的で素晴らしく、両者の調和がさらに素晴らしいです。
    自分の心も空の上に放り上げられたような気がしました。
    余計な解説はせずとも、息子の心に響いてくれたと思います。

    掲載日:2009/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひとりぼっちで、寂しかっただろうな。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳、

    「きょう、かげおくりをして遊んだよ。」
    学校から帰ってくるなり、楽しそうにはなしてくれました。
    「今日の空、青かったから、きれいにかげぼうしが写ったよ。」
    9月の秋の気配が感じてきたころのことでした。

    『かげおくり』とは、かげぼうしを10数える間、じっと見つめ、
    数え終えたらすぐ空を見上げると、かげぼうしが、そっくり空に移るという遊びです。
    私は、そんな遊びを知りませんでしたが、
    ちいちゃんのおとうさんが教えてくれました。

    ものがたりは、ちいちゃんの一家が戦争にまきこまれ、
    「かげおくり」をしながら、空にいってしまった女の子のはなしです。

    空襲で、家族を失ってしまったちいちゃん。
    ひとりぼっちで、空腹に耐え、生きようとした、ちいさな女の子。
    涙がとまりませんでした。
    悲しいはなしです。

    自分から、すすんで子どもに読み聞かせできませんでしたが、
    小学3年生の教科書に掲載されていて、よく、音読していました。
    自分からは難しかったけど、学校で、少しでもこのおはなしに
    ふれることができて良かったと思います。

    夏休み、改めて絵本を読んだ娘。

    今日のことがきっかけで、娘の中にも、戦争がどんなものかを少しでも
    感じてくれて、
    心の引き出しにこの絵本が置かれていたらいいなと思いました。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいちゃんのかげおくり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット