モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ちいちゃんのかげおくり」 大人が読んだ みんなの声

ちいちゃんのかげおくり 作:あまん きみこ
絵:上野 紀子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1982年08月
ISBN:9784251030115
評価スコア 4.78
評価ランキング 445
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 強いメッセージを感じられる1冊

    ある日の空襲で、お母さんとお兄ちゃんとはぐれてしまった、ちいちゃん。
    たった1人、お母さん、お兄ちゃんとの再会を待つちいちゃんの唯一の
    心の支えは、家族でやった「かげおくり」でした。

    この絵本には、戦争を責めるような言葉は一つも出てきません。
    けれども、ちいちゃんを通して、こんなに小さな子どもをも巻き込んでしまう
    戦争とは如何なるものか、ということがしっかりと伝わってきます。
    現実に、このちいちゃんのように誰にも気付かれずに亡くなった方が
    たくさんいたのでしょう。そして、その一人ひとりに様々なドラマがあって、
    戦争さえなければ続くはずだった未来が、その人の命と共に消え去った
    事実を想像すると、胸が痛みました。

    表紙絵の可愛らしくも寂しげな表情が全てを物語っているように感じます。
    「かげおくり」が、子ども達にとって楽しい遊びとなりますように。
    未来の子ども達が、明るい表情で素晴らしい未来を切り開いていけますように。
    戦争のない世の中を、願わずにいられません。
    シンプルながら、強いメッセージを感じられる1冊です。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「火垂るの墓」を思い出す

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    この本を読んで、「火垂るの墓」がなぜか思い出されました。

    空襲によって孤児となり、生きる術をなくしてしまった子供という共通点があるからでしょうか。

    お母さんとはぐれた時に助けてくれたおじさんだったり、家まで一緒に行ってくれた近所のおばさん。
    ちいちゃんには、助かるチャンスがありました。

    お母さんの姿を確認するまで、おじさんが一緒にいてくれたら。
    お母さんが帰ってくるまで、おばさんが一緒にいてくれたら。
    もしかしたら、ちいちゃんはあんな死に方をしなくて済んだかもしれません。
    しかしあの空襲の最中、焼け出された後、大人たちにもそんな余裕はなかったでしょう。

    作中ではっきり書かれていませんが、お母さんとお兄ちゃん、そしてお父さんはみんな死んでしまったのでしょうか。
    みんな、空に消えてしまったのか。

    とても儚く、美しく、そして怖いお話でした。

    掲載日:2015/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真に尊いもの

    涙がとまらない。
    ただ悲しいというのではなく
    真に尊いもの、伝えるべきものを
    改めて知ったと思った。

    生きたい。
    守りたい。
    大切にしたい。


    確かに存在した過去を

    忘れてはいけない。
    学ばなければいけない。
    伝えていかなければいけない。

    戦争は僕らの心の中にある。
    創り出すのも消し去るのも
    僕ら自身だ。

    未来は今の僕らの手、心により
    どうにでも変わりうる。

    もしそうであるなら
    皆の力で平和な未来にしていこう。

    子供達にもそう思ってもらいたい。

    この絵本をつうじて
    大切な家族と一緒に
    温かな未来を築いていきたい。

    そう思います。

    ありがとうございます。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戦争に対する憤り。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    前半のストーリーがとても穏やかで
    素朴な幸福感に包まれていただけに
    戦争が激しくなってからの終盤にかけてのストーリーは
    ただただ戦争に対する憤りが募るばかりでした。

    ちいちゃんが最終的に亡くなってしまったのだけど
    家族に出会えて終わるというところが救いでしょうか。

    でも、これは絵本だけれど
    今の時代を生きている僕自身にも
    未だに身に感じることはできないものの
    確かに戦争はあったのだということを
    改めて再認識させられるとともに、
    戦争のおろかさ、二度とこのようなことをしてはならない
    そういった強いメッセージをとても感じました。

    戦争というワードがちょっとピンとこないかもしれないけれど
    小学3年生〜くらいの子に読み聞かせたい絵本だと思いました。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 後世に伝えていきたい絵本

    幼稚園ぐらいの時に母に読んでもらった絵本。

    まだ、戦争のことについてあんまり理解できなかったけど
    ちぃちゃんが1人になっちゃうことと
    家族がいなくなっちうのが辛くて悲しくて恐くて大泣きしました。

    小学生になって、戦争について理解ができるようになってからは
    ただ悲しいとか可哀想というのだけではなく
    ≪平和≫ってなんだろう
    ≪どうしたら戦争はなくなるのだろう≫
    というような考えも持ち始め、日本だけでなく世界の平和についても考えるようになりました。

    大人になって読んでからは、それ以上に深く平和について考えるようになりました。

    この絵本は、戦争を知らない私達にとってはとても大切な絵本だと思います。
    これからも大切にしていきたいと思う絵本です。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいちゃんのかげおくり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット