おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

絵本 おこりじぞう」 大人が読んだ みんなの声

絵本 おこりじぞう 作:山口勇子
絵:四国 五郎
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年11月
ISBN:9784323002378
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,054
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 語り伝えたい 原爆のおそろしさ

    おこりじぞう  
    何度も何度も読んでいた本です
    私が保育士の時 8月6日・ 8月9日の広島 ・長崎に投下された 原子爆弾の事を子ども達に伝えたいと 年長組の子ども達によんであげたことがあります
      
    この時の恐ろしさ 四国五郎さんの絵がすごいな〜
    地獄絵とも言われる この時の状況を 私なりに 感じ 心を込めて伝えました
    戦争 原爆を経験された方のお話を 戦後70年の今年 
    テレビでたくさん聞きました。
    あまりにも恐ろしい経験で 本当は思い出すのもこわいでしょうに  
    戦争はいけない!    二度と戦争を起こしてはなりません

    その声を この絵本でも 感じました
    わらいじぞうさんが  なぜ おころじぞうになったのか
    すごい顔の おこりじぞう  仁王様の形相です

    今、戦争法案が 国会で論議されていますが 二度と戦争は起こさない!
    日本が 世界が平和を願っている 国民の声をしっかり聞いてほしいです!
    おこりじぞうさんが 今わたしたちの事を見ているように思えました

    掲載日:2015/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものころの記憶

    私が子どものころ、8月6日は全校登校日で、平和について学ぶ日でした。
    この話は、そのときに先生たちがペープサートで見せてくれたものです。そのときのことは低学年だったこともあって、あまりよく覚えていません。でも、感想に「みず、みず、おんなのこのこえはだんだんちいさくなります」と書いたようでした。とても印象に残ったのでしょうね。
    戦争で犠牲になるのは何の罪もない小さな子ども。どの時代でも、どの国であってもそれは同じこと。今も世界のどこかで子どもたちが犠牲になっています。これからの日本はそんなことに加担するのでしょうか。世界中の子どもたちの笑顔が輝く未来を望みます。

    掲載日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶版とは・・・残念

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    24年ほど前、影絵劇団の「かかし座」がこの題材を横浜の某ホールで上映したのを見たことがあります
    当時はまだこの絵本の存在を知らなかったので、こんなに時を経て原作の絵本に出会えて驚きです
    広島の原爆の事がテーマとなっていて、恐ろしいことではあるけれど、多くの人に読んでいただくために、細心の注意を払ってできるだけ優しい絵にしたと、絵者の方のコメントが書かれていました
    影絵では最後の怒り地蔵の表情がかなりおそろしく、大きなセットとして舞台に現れて、「はっ」と息を飲んだ記憶があります
    絶版というのが、残念ですが・・・原爆を知らない世代にはやはり書物で伝えることも大切なので、ぜひ再版していただきたいです

    掲載日:2009/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しすぎるお話ですが

    • まおゆきさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    図書館で娘の本を選んでいた時にこの本が目に入りました。
    私が小学生時代に何回も読んだ本です。

    いつもにこやかなお地蔵様がとてつもなく恐ろしい顔になり、やがて涙を流す。その涙を原爆で体中をヤケドを負った少女が「みず・・・」とゴクゴク飲んでやがて息絶える・・・。
    涙なしには読めません。

    4歳の娘にはまだ早いかなと思いつつ借りて早速読んでやりましたが、途中で涙が出て読めませんでした。

    娘がもう少し大きくなって「せんそうはいけないことなんだ」と分かるようになったら読んでやりたいと思います。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつか学校で紹介したい作品です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    読み聞かせを行っている教師の方の「おすすめの絵本」に載っていたので、(おりしも夏であるし)学校の読み聞かせにどうかと、手にしてみました。

    「戦争」という化け物の恐ろしさが、よく伝わってくる内容でした。
    特に、わらいじぞうがおこりじぞうとなり、水となって、女の子の口に入ってい行くシーンは、ぐっと、胸にくるものがありました。

    でも、感受性の強い子には、少々朝から重たい話ではないかと、朝の読み聞かせで読むのはやめておきました。
    ただ、とてもいいお話なので、何か別の機会に紹介できたらいいなと、考えています。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り継ぐ難しさ

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子12歳、女の子11歳

    広島の原爆を扱った絵本

    他にも戦争を扱ったものがあるけれど、私が知っているものは事実に基づいたノンフィクションが多い

    笑顔でいつもみんなを見守っていたお地蔵さま
    原爆を落とされ、皮膚が焼け爛れた子供や見渡すかぎりの焼け野原。笑顔のお地蔵さまをおこりじぞうと呼ばれるまでに変化させてしまう、原爆って・・・考えてしまう。

    私は山口県なので比較的広島に行く機会が多いと思う。
    1年に1回位は子供たちを連れて、原爆記念公園や資料館にも足を運ぶ。その度に怒りと切なさと、子供たちに同じ経験をさせてはいけないと強く思う。

    子供たちに本当の意味で伝わっているかは分からない。
    自分が経験していない事を伝えることは難しい
    この絵本と資料館をあわせて見せる事で、何かしら感じてくれたらと思う

    掲載日:2008/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「絵本 おこりじぞう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / 一つの花 / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット