くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ぼくのなまえはイラナイヨ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのなまえはイラナイヨ 作・絵:ミック・インクペン
訳:角野 栄子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,410+税
発行日:1997年06月
ISBN:9784097270775
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,493
みんなの声 総数 21
「ぼくのなまえはイラナイヨ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほっとします

    我が家には、子どもが6歳になるまでねこがいました。
    それで、あまりにもこの本の絵がかわいらしいのと、不思議な
    タイトルに惹かれて購入。

    早速、子どもに読み聞かせたのですが、ねこのぬいぐるみが
    だんだん思い出とともに自分を思いだしていく段にさしかかると、
    なぜか私が涙が止まらなくなり、子どもはびっくりしていました。

    その後も時々読んでみるのですが、その度に涙で言葉がつまって
    しまいます。

    そして読み終わると、心がふわりと軽く、温かく、やわらかく
    なっているのを感じます。心のマッサージを受けたような感じです。

    子どもには子どもなりの感想があると思いますが、大人の方にも
    お勧めしたい本です。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのなまえはイラナイヨ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

じゃあじゃあびりびり / おこだでませんように / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ピヨピヨだあれ? / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット