大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

三コ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

三コ 作:斎藤 隆介
絵:滝平 二郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1979年
ISBN:9784834002065
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 民話の力強さを感じられます

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     我が家の次女はなぜか民話と昔話が大好きです。多分、伝承物語にある、生きることの大切さとか優しさとかそんな本質が気に入っているのではないのかと親は思っているのですが。
     
     この三コ(さんこ)はその次女の最も大好きな民話です。
     
     秋田の田舎に昔、三男坊がいたのですが、誰にも名前を覚えてもらえず「三コ」とだけ呼ばれ、大男となって何十年というながい月日を夜は山脈を寝床にして暮らしています。三コたちが住んでいる地域は貧しくて、長男以外は食うにも困る状態です。三コはそんなオイチャ(この地域で次男坊三男坊をさす)たちに、仕事を作るため山に植林することを思いつきます。はげ山だったおいだら山に日本中から木を集めてきてオイチャたちのために働くのですが、ある日おいだら山が火事にあって、山が、森が燃えるのです。三コはオイチャたちのために火に覆いかぶさって火事を止めます。
     オイチャたちは泣いた
    という一文が次女はとても気になるようで必ずここで、三コは死んだのか?と尋ねます。

     今その子は5歳になりましたが、未だに大好きで、今でもこの本を読んではいろいろ考えるところがあるようです。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「三コ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット