もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねずみにそだてられたこねこ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみにそだてられたこねこ 作:ミリアム・ノートン
絵:ガース・ウィリアムズ
訳:とたにようこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784198614232
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,257
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 変わった家族

    このお話はねずみがの子の子供を育てるというお話でした。うちの子はいつ食べられるんじゃないかってドキドキしていたみたいです。ネズミとして育てられた子猫が、住む場所は変わってもネズミの家族として仲良く暮らすっていう終わり方もステキで感動的でした。

    掲載日:2013/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこなのに「チュー」

    ねことネズミが一緒に暮らすなんて、おもしろそう! そう思って図書館から借りてきました。

    子猫のミッキーは、ネズミのミグスさん夫婦にネズミとして育てられます。だから、泣き声も「チュー」
    わぁ、泣き声までネズミ!と子供と一緒に驚きました。

    だけどミッキーもだんだん猫の自覚が出てきて…

    最後はどうなるんだろうと思いましたが、ミッキーもミグスさん家族も幸せで、読み終わって「よかった^^」とうれしくなるお話でした。

    掲載日:2011/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみとこねこの表情が秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1954年初版の作品ですが、邦訳は2001年。
    ガース・ウィリアムズと言えば、やはり「しろいうさぎとくろいうさぎ」や、マーガレット・ワイズ・ブラウン作品への挿絵で知られています。
    原題は「The kitten who thought he was a mouse」

    物語は、標題どおりにネズミに育てられたネコの話で、これは流石に絵本ならではの世界のもの。
    そのネズミとネコの表情が本当に豊かで、物凄く丁寧に描かれています。
    特にネズミの眼。
    まるでこちらを本当に見ている錯覚にとらわれてしまうくらいです。

    少し文章は長めですが、起承転結がはっきりしているので、割と飽きることなく読み聞かせ出来ると思います。

    絵の美しさを十分に堪能できる絵本で、惹き込まれるお子さんも多いことでしょう。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみにそだてられたこねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット