あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

1000の風1000のチェロ」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

1000の風1000のチェロ 作・絵:いせひでこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784034351208
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,482
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いせひでこの奏でる音楽

    阪神淡路大震災を扱っているだけに軽いコメントはいけないと思いますが、この絵本を見ていせひでこさんの絵本の中には音楽があったのだと得心しました。
    その中でこの絵本はまさに音楽の世界を絵に変えたようなお話です。
    あの大震災を経て生き残った人たち。
    復興のチャリティとしてのコンサート、心の支えとしての音楽。
    チェロを奏でる多くの人たちが集まり、風になるという素晴らしいお話。
    現実にあったことを絵本の世界に見事にまとめていると思います。

    震災で犬を失った少年の奏でる音。小鳥たちを思う少女の音。そして、亡くした友人の形見のチェロで追悼する音。
    1000の思いが音になって、風を起こします。
    この絵本でいせさんの絵は風のように透けています。
    まさに音が聞こえるような絵本でした。

    ところで、何故チェロなのでしょう。
    バイオリンでもベースでもなく、管楽器でもなく弦楽器。
    しかも、持ち運びには多少つらい大きさ。
    そう考えると、チェロでなくてはいけない意味が浮かんできました。
    音域が一番人間の近くにいる楽器であり、人間に近い大きさと重量感のある楽器だからです。
    その音の重厚感と心に響く安らぎはいせさんの描く絵の世界そのものです。

    チェロ奏者であるからこそ、いせさんは人間の心を透明感のある画質で表現しつづけているのだと思いました。

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 震災支援コンサートを理解できないと…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    下の子も読んだのですが、お姉ちゃんの方が興味を示していたので、お姉ちゃんの年代の方が、よりこの絵本を理解できるのかな〜。と感じました。
    実際、震災を経験していない小さな子どもに「支援コンサート」というのは、ちょっと想像しにくかったのかもしれません。
    また、チェロという楽器も町中でそう簡単にお目にかかれるものではないので、上の子や私(大人)には、こういう集まりがあったことがとても新鮮で、街頭で募金箱を掲げているボランティアの方々の姿とはまた別の感動がありました。

    いせさんのラフスケッチのようなタッチがとても素敵な絵本でした。

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「1000の風1000のチェロ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

パンダ銭湯 / まるまるまるのほん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット