庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

たいせつなきみ」 大人が読んだ みんなの声

たいせつなきみ 作・絵:マックス・ルケード
訳:ホーバード 豊子
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,600+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784264017400
評価スコア 4.8
評価ランキング 294
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自己肯定感につながる素敵な作品

    あれ?表紙の絵が
    いろいろあるんですね?
    新聞の紹介で気になっていたので
    図書館にリクエストして
    届いたのは1998年10月初版のものです
    結構読まれたようで
    こたこたです

    図書館にあっても
    たぶん手に取ってなかったです
    今回リクエストして正解でした

    ウイミックスというちっちゃな木のこびとたち

    木の人形?ではなく
    小人で、それぞれ個性があるようです
    それも、とても強い個性

    で、毎日することが
    怖いのです
    「きんぴかのお星さま」のシールと
    「はいいろのだめじるし」シールを
    別々の箱に入れて持って歩き
    貼り付けあう!!

    怖いです

    どんな価値観で?
    だめじるしシールを貼ったら、自信をなくしちゃいますよね?
    と、想像していると・・・

    「どうせ ぼくは だめなウイミックスだから」

    うわぁ・・・
    ウイミックスのところを
    「人間」に置き換えたら・・・

    ところが
    素敵な出会いがあります
    そして、「どうせ」ではなく
    自分からすすんで・・・

    彫刻家のエリのことばは
    とても意味が深いです
    訳し方なのでしょうが
    こどもには、理解出来るかな・・・

    表情がまるっきり変わる瞬間
    絵がとても素敵です
    表情が豊かなのかな?
    アングルとかもとても考えられています

    思春期から大人にお勧めです

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何が大切なのか

    • あおそらさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子2歳、男の子1歳、

    絵も文も、あたたかみのある素敵な作品でした。
    みんなから「だめじるしシール」をたくさん貼られてしまう木でできたこびとのパンチネロ。
    自分に秀でることなんかないと落ち込むパンチネロに、なんだか近頃の自分と少し重ね合わせてしまいました。

    そしてシールが体に貼りつかないこびとと出会い、自分のつくりぬしであるエリのもとを訪れます。
    つくりぬしエリはとてもあたたかく迎えてくれます。
    「ああ なにもかも わかっているよ。いとしい子。
    ほかのウイミックス(こびとたち)が おまえのことを なんと思うと かまいわしないさ」
    「おまえがわたしの あいをしんじたなら シールなんて どうでもよくなるんだよ」
    エリのあたたかい言葉たちが、まるで自分に言われているかのように、じーんと胸にしみました。

    行き詰ったり、焦ってうまくいかなかったり・・・
    そんなときにそっと開きたくなるような絵本でした。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たいせつなきみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おこだでませんように / ちいさなあなたへ / よるくま / どんどこ ももんちゃん / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / おしくら・まんじゅう / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット