しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

ね、ぼくのともだちになって!」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

ね、ぼくのともだちになって! 作・絵:エリック・カール
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年05月
ISBN:9784032024302
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,082
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後にほのぼの

    しっぽを見ながら、次はなにの動物かなぁ…と当てっこするのが面白かったです。
    大人でもわからないしっぽもあり、大人も本気で「何のしっぽかな」と考えてしまいます。
    「友達になって」と言っても、ずっと返事をもらえなかったねずみですが、最後にはねずみの女の子と友達になって、うれしそうでした。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • デザインが美しい本

    余白の使い方、デザインと絵がとても美しく、思わず見とれてしまった絵本。
    見開きがとても効果的に使われていて、とても良いです。
    息子にも、このデザインの良さを分かって欲しいなあと思って購入しました。

    ネズミがお友達を探していくお話ですが、
    動物たちのお尻の部分しか見えないので(次ぎの見開きで頭部分があります)、
    クイズにもなります。

    本の下の部分にずっと緑の線が入っていたのですが、、
    これにもオチがあります。
    息子はこのオチが大好きです。

    字がないので、小さいうちから楽しめると思います。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳

    1歳の男の子と一緒に読みました。ねずみさんがお友達になってと次々に動物に話しかけていきます。
    最初はその動物の尾の部分が載っているので、誰かな〜?て考えながら読むと面白いです。
    くじゃくだったりあしかだったり、あまり馴染みのない動物が出てくるのも良かったですし、動物が大きくってダイナミックなのも良かったです。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しかったかな?

    絵本クラブ対象

    私自身はかわいくて好きだったけれど、娘には難しいのか反応はいまいちでしたぁ。。。「はらぺこあおむし」は大好きなんだけど。

    しっぽを頼りにねずみくんがともだち探し。絵も素敵だし、文章もシンプルで良いと思います。もう少し大きくなったら、楽しんでくれますように・・・

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物あてごっこ。

    しっぽを見ただけで、次の動物を言い当てる息子にびっくり!
    どうやら先に父親と見ていたらしいのですが・・・
    へびくんはねずみくんの言葉を待っていたのじゃないかな
    しっぽの先からずーっとねずみくんの声を聞いていたんじゃないかな
    などと、へびくんの表情をみて思ってしまいました。
    それにしても、『ともだちになって』っていい言葉だなあと思います。

    掲載日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • オトナも和める

    セリフは、ネズミくんの「ね、ぼくのともだちになって!」のみ。

    動物の尻尾だけ見えていて次のページにその動物が現れるというシンプルながらも楽しいしかけ。

    最後のページが可愛くてあったかい気持ちになります。

    1歳になったばかりの娘には反応薄ですが、鮮やかな絵を楽しむだけでもよいと思います。

    掲載日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の名前を沢山覚えられる美しい絵本

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    一歳の娘が大好きな絵本です。

    ネズミ君が友達を探して、いろいろな動物に話しかけていくという内容。動物の登場の仕方がユニークで、まずはしっぽしか出てこないので
    「だれかな?」と想像しながら読んでいく面白さがあります。

    娘はしっぽを見た時点ではすべての動物を「うま!」というのですが、
    ページをめくるとちゃんと動物の絵が言えるようになりました。

    ページをめくって新しい発見があるという意味では「うしろにいるのだあれ」という絵本に似ていると思います。エリックカールさんの絵本は人気があるだけあって絵がとても独特で美しいと思います。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達

    エリック・カールさんの作品だったのでこの絵本を選びました。紙に予め模様をデザインして切り絵を作り表現しているエリック・カールさん独特の技法がとてもかっこ良かったです。主人公が諦めずに自分を信じてポジティブに前進していく姿が素晴しかったです。途中で色々な動物が登場するので娘も飽きることなく楽しく聞く事が出来ました。やっぱり友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供も夢中

    一匹のねずみが自分よりも大きな動物に、ね、ぼくのともだちになって!と、誘っていくお話。
    文章はそれだけだけど、とても色鮮やかで迫力のある絵!
    1歳の息子もそんなねずみと一緒に、次々と出てくる動物に釘付けです。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ね、ぼくのともだちになって!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『パンツいっちょうめ』<br>苅田澄子さん やぎたみこさんインタビュー

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット