モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

かさもっておむかえ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かさもっておむかえ 作:征矢 清
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005103
評価スコア 4.48
評価ランキング 7,033
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子が可愛い

    4歳長女が幼稚園で借りてきた絵本です。

    かおるちゃんんという女の子がお父さんを迎えに駅に行くと、猫が現れて動物専用電車に。なんとも夢のあるお話です。現実からいきなり別の世界へ。

    長女はいまいちの反応だったのですが、私は気に入りました。絵も何とも言えず惹かれます。

    掲載日:2012/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにとっては本当にありそうなお話

    子どもの夢の中のようなお話です。
    猫が案内する不思議な動物専用車両に乗り込み、動物たちの不思議な実態を見る少女。
    娘はこんな夢、夜な夜な本当に見てそうです。
    よく考えられた絵本で、感心しました。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外な展開がたまらない!

    この本は、ありきたりの毎日の描写から、予想もつかない想像の世界にお話が展開するので、子供と一緒に一番最初によんだときには、2人で”ええええーーー!!!???”と声を上げて驚きながら読みました。ほかの方のレビューにもありましたが、ドロップが実に懐かしいですね!このイラストは、某”サ??”社ですね!ふふふ・・・・

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい女の子

    • かちゃみさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    お父さんの傘を持ってお迎えに行く。
    えらいなぁ。お父さん大好きなんだろうなぁ。
    お父さんはなかなか帰ってこなくいのですが、周りに人がいなくなるほど。
    ひたむきにお父さんを待っています。
    そこに現われたオレンジの猫。動物専用電車。ファンタジーも織り交ぜながら、やっぱり不安でいっぱいだった女の子の気持ちや行動がよく描かれていて、娘にとっても感情移入しやすいのではないでしょうか。
    パパの帰りが遅すぎて、傘持ってお迎えってことはできませんが、お手伝いやパパにおやつやごはんを運ぶのは好きみたいです。小さいながら誰かのお世話をしたい年頃ですね。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな世界

    • キョッチさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳

    この絵本は、かおるちゃんという女の子が雨の日にカサを持って駅までお父さんの迎えに行く所から始まり、オレンジ色のトラネコに出会って不思議な(空想の?!)世界を体験しながら電車でお父さんを探しにいくお話です。

    最初は、幼稚園の年少クラスの息子にこのお話がわかるのかしら?…とも思いましたが、理解という事では無い子供なりの楽しみ方があるようで、自分ひとりでもこの本を開いて繰り返し読んでいました。

    『♪あめふり ざんざんぶり かさもって おむかえ
    びしょぬれ ぼうず なけ なけ
    あめふり ざんざんぶり どろっぷ なめて おむかえ』

    特にこのフレーズが気に入ったみたいで、雨の日になると自作の節をつけて楽しそうに口ずさんでいます。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ≪ドロップ≫を知らない子供達

    • ギフトさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳、女の子0歳

    お話しの中に≪ドロップ≫が出てくるんだけど、息子は≪ドロップ≫を知らない。
    私は説明をした。
    『キャンディーが缶々に入っていてね、いろいろな果物の味がするのよ。ぶどう・いちご・メロン・レモン・パイナップル・・・。缶々を振ると『カラン、カラン』ってキャンディーの音がして、穴からは1つずつしか飴は出てこないの。だからいつも次は何の味かなぁ?ってお母さんが子供の頃、ドキドキしてたわ。』
    『ハッカっていう味があって、これが辛くてまずいんだ!』とお父さんも説明追加。
    『そうそう!ハッカが出るとお母さんはいつもバーバにあげてたわ。』
    こんな話しを聞かせたら息子はもう≪ドロップ≫が欲しくて欲しくてたまらなくなったみたい。
    『≪ドロップ≫欲しい!』
    いまどき≪ドロップ≫なんて売ってるのかなぁ?
    スーパーに行ってみると、意外にもちゃんと売ってたからビックリした☆
    『次は何の味かな?』
    とっても嬉しそうな息子でした(*^^*)
    翌日『(保育園に)お迎えの時持ってきてね!』と言うので持って行くと、みんなに
    『コレ≪ドロップ≫ってゆーんやで!』とかなり自慢して、みんなに『さて何の味が出てきたかな?』とみんなも息子も楽しそうでした♪

    ある日、夕方から急に雨が降り出した。
    『♪あめふりざんざんぶり かさもっておむかえ ドロップなめてコロコロ♪ だね!お父さんをおむかえにいかなくっちゃね。』
    それから息子と≪あめふり≫の歌の作曲大会が始まった。
    私がいろいろ作曲♪してもことごとく息子にダメ出しされる。
    『も〜!じゃあ歌ってよ!』と私が言うと、息子もあれこれ作曲♪を始めた。

    絵本1冊でこんなにも楽しめなんて。
    子供との話題や会話がドンドン膨らむ素敵な絵本だと思いました。

    掲載日:2007/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かさもっておむかえ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / キャベツくん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット