だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねずみくんのしりとり」 大人が読んだ みんなの声

ねずみくんのしりとり 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年03月
ISBN:9784591071946
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,722
みんなの声 総数 43
「ねずみくんのしりとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名から始まって題名へ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ねずみくんシリーズ第16作。
    お、ちょっとひねったしりとりですか。
    なんと、題名から始まり、最後は題名へとつながっていますよ。
    なるほど、ねずみくんがいろいろ考える趣向ですね。
    確かに、ねずみくんのセリフ、考えるときにぴったりです。
    それにしても、登場してくる生き物たちの持ち物、となると、面白い光景になりますね。
    私的には、「たこさんのたいこ」、「とどさんのいす」が受けました。
    もちろん、ねみちゃんも登場しますが、「リボン」!?と万事休す!
    でもさすがねみちゃん、いい物持っていますよ。
    「ねずみくんにプレゼント」につながるなんて、素敵でしょう?

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • しりとり

    ねずみくんがしりとりをするお話です。

    いつも登場するお友達はもちろんのこと、色々な動物たちが登場するのも見どころの一つではないでしょうか。
    一生懸命考える姿が可愛いです☆

    しりとりに興味を持ち始めた子ども達にオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくん

    なかえよしをさんと上野紀子さんのこんびのねずみくんシリーズが大好きなのでこの絵本を選びました。タイトルの描き方がとてもユニークで表紙からもう魅力的で魅せられてしまいました。主人公と一緒にしりとりを楽しめました。今回は絵の中のある部分だけ色付きになっているのが納得でした。上野紀子さんの配慮の御蔭でとても分かりやすくしりとりが楽しめました。ねみちゃんはやっぱり優しいな!と嬉しくなりました。なみちゃんの思いやりの御蔭で心が温かくなりました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみくんのしりとり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット