雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

ぐりとぐらのおきゃくさま」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのおきゃくさま 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834001013
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,572
みんなの声 総数 218
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵なおきゃくさま

    私が子どもの頃に読んだ懐かしい絵本の一つです。
    今でこそ、クリスマスの絵本は数え切れないほどありますが、当時はあまりなくて、あの独特のワクワク感がたまらなく大好きでした。

    お話は、ぐりとぐらが森で大きな足あとを発見するところから始まります。
    後をたどっていくと、なんと自分たちの家へ・・・!

    一体誰がやってきたのか。次々と見つかっていく、大きなオーバーや、えりまきに帽子、きわめつけは大きな白い袋・・・
    ページをめくるたびに、ドキドキワクワクが高まっていく、こういうお話の持って行き方、実に上手いなぁと思います。

    そして、最高潮は大きなチョコレートケーキが登場する場面。さりげなく、時計がおやつの3時をさしているのもニクイですね☆

    次のページでは、いよいよおじいさんの正体が分かります。
    クリスマスプレゼントにケーキを焼いてくれるサンタさん、なんて素敵なおきゃくさまだったのでしょう!

    最後は森じゅうの動物だちが集まり、ケーキを囲んでの楽しい時間。
    色彩も、鮮やかな赤と緑が印象的な、クリスマスに是非読みたい一冊です。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかいクリスマス

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子8歳

    ぐりとぐらの家に来ていたお客様の正体は…?

    クリスマスに読むのにぴったりの絵本です。

    ぐりとぐらシリーズに共通しているのが、読み終わって幸せな気持ちになれることです。
    みんなを笑顔にしてくれる絵本ですね。

    暖炉を囲んでみんなで過ごすクリスマスは、暖かくて温かい、素敵なひとときですね。
    仲間に入れてほしいな〜と、絵のこっち側で思いました。

    また来年のクリスマスに読んでみたいです。

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / ちょっとだけ / ぎょうれつのできるはちみつやさん / まほうのきって / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本


困っているぼくのところに本物の神様が!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット