庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

あいうえおうさま」 大人が読んだ みんなの声

あいうえおうさま 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784652020043
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,277
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すばらしい!

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ことばの最初の文字をあわせただけでなく、ちゃんと物語になっているから素晴らしいです。
    さすが寺村さんと感動しました。

    絵も話を分かりやすくするだけでなく、同じ文字で始まるほかの言葉も書かれているので、隅々まで楽しめます。
    ただ、蛍光色で絵が描かれているものがあるのは、どういう意味があるのでしょうか。
    とても目障りで残念です。
    落ち着いてじっくりと絵を見てほしいので、同じ色彩で描いてもらいたかったですね。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉を楽しむ絵本

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    ぼくは王さまシリーズの王さまが出てくるあいうえお絵本。
    このシリーズに親しんでいるお子さんには、たまらない一冊かも。

    私は、王さまシリーズを読んだことがないので、この絵本を読む範囲内で、おこちゃまな楽しい(家来からすると、困ったちゃんな)王さまなんだろうなと想像しています。

    文もリズミカルで、すぐに覚えそう。
    王さまのはちゃめちゃな行為も、子どもは喜ぶでしょうね。

    でも、
    「ちゅーりっぷの はなを
    ちょきんと ちぎり
    ちかくに すてて
    ちらかす おうさま」
    これは駄目でしょう。
    ほかのは、あらあら、な行為でも、これだけは笑っていられません。

    言葉を楽しめる本ということで買ったんだけど、私は、子どもはなるべく遅くまで文字を覚えてほしくないと思っているので、小学校にあがるかあがらないかの頃になったら与えるかもしれません。
    娘なら、「ちゅーりっぷ、切ったら駄目よね」って自分から言うと思うので、この文も、あんまり気にすることないかな…
    でも、この本を与える前に、ぼくは王さまシリーズを読んでみるのがいいかなと思っています。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あいうえおうさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット