十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぐりとぐらのかいすいよく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのかいすいよく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005288
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,169
みんなの声 総数 174
「ぐりとぐらのかいすいよく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夏らしい!けど。

    海に砂浜に灯台に浮き袋の手紙,何だかとても夏らしく夢のある表紙と前半です。
    夏に読むによい絵本だと思います。
    水泳に興味があるお子さんには,泳ぎ方やぐりとぐらの海水浴シーンの絵は共感できて楽しいかも知れません。

    ただ3歳の娘は,うみぼうずの意味を理解できずキョトン。
    このうみぼうず,ただの人間の男の子にしか見えない!?
    前半が浮き袋(瓶)に入った手紙〜と夢を抱かせる内容だっただけに,ちょっと拍子抜けしてしまいました。
    素敵〜!夏っていい〜!と思いたかったです(勝手ですみません)。
    夏らしい本が好きなのですが,購入には至りませんでした。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • プールが好きになる!

    この夏に海やプールに行く予定があったので,3歳の娘にこの本を読みました。
    娘のお気に入りの場面は,なんといってもいろいろな泳ぎがでてくるところ!
    うみぼうずやぐりぐらが泳ぐ場面は,「自分で読みたい!」と言って「いぬかき,くらげおよぎ,・・・」と大きな声で読んでいます。
    そして,怖がりで足のつかないプールがあまり好きではなかった娘ですが,この本を読んでから市民プールに連れて行ったところ,浮き輪につかまりながら足のつかない流れるプールを「くらげおよぎしてるよ〜♪つぎはバタフライ〜♪」と楽しむことができていました。この本のおかげです。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のわくわくがつまってます!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    お風呂に入ってもまだ、頭からシャワーを浴びられない息子に、ちょっとでも苦手な気持ちがなくなれば、と思い、読んでみました。

    「ぐりとぐら」は以前に読んだことがあったのですが、
    あれ?人間でてくるの?え?人間じゃないの?などと謎な設定で話は進んでいきます。
    でも、息子はこのお話が大のお気に入りのようで。
    びんの栓を貝がらで開けたり、
    手紙が届いたり、
    地図がのっていたり
    小さな穴の中に真珠をとりに行ったり
    動物の真似をしたたくさんの泳ぎ方が載っていたり。
    わくわくするページがいっぱいなのです。
    さっそく自分なりに読んでいます。
    遊びの中に、イルカジャンプも加わりました。

    「ぐりとぐら」よりも、こちらのほうが何度も読みたがるので、他のシリーズも見せてあげたくなりました!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏に読みたい

    3歳次女が幼稚園で借りてきました。「こんな寒いときに海水浴の絵本…」なんて思いましたが(笑)読んでみるととっても楽しかったです。やっぱりぐりとぐらのお話はいいですね。今回は冒険ありで、5歳長女も3歳次女もとっても反応が良かったです。わくわくしたみたいです。それにしても海ぼうずが、予想と違って良かったです。次女はおばけが出てくると思ってドキドキしていたので(笑)

    とっても楽しいお話。でもやっぱり1番おすすめは夏に読みたいかな。これを読んだら海に行きたいってうるさく言われそうですけど(笑)

    掲載日:2013/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロでキュートな水着姿☆

    森のイメージが強いぐりとぐらですが、海水浴のお話も素敵です。
    ぐりとぐらのレトロでとてもかわいい水着姿も見どころです。

    今回のお話の登場人物はうみぼうず。
    ビンに入った手紙を拾うところから物語がすすんでいきます。
    大人にはちょっと分かりにくい展開もありますが、子供は違和感なく物語に引き込まれていたようなので、やはりぐりとぐらの独特の世界観は素晴らしいなぁと思いました。
    ぐりとぐらは困っていたうみぼうずを助けたお礼に泳ぎを教えてもらいます。バタフライやイルカジャンプまで!泳ぎの名人になって良かったね☆と息子も喜んでいました。
    夏の海水浴シーズンに必ず読んであげたい一冊になりました☆

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うみぼうず

    定番の作品「ぐりとぐら」シリーズの中の、夏のお話です。
    海で自由自在に泳いでいるうみぼうずは、子供たちの憧れとなることでしょうね。泳ぎの名前も、面白かったです。
    「うみぼうず」とはありますが、きっと普通の男の子なんじゃないかなー?
    ネズミのぐりとぐらの目線では、はるかに大きいのですから。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏におすすめ

    「ぐりとぐら」シリーズは大好きで何冊も持っているのですが、この絵本はあまり「ぐりとぐら」っぽくないような気がしました。
    お料理が出てこないからでしょうか。

    葡萄酒の瓶に、手紙が入って流れてくるという設定にも、あまり馴染みがなかったからか、子どもの反応はいまいちでした。

    読んだ時期が初夏ということもあり、海水浴というテーマはとても興味があったようです。
    いろんな泳ぎ方の紹介の場面が、子どもは一番楽しそうでした。

    夏に読んであげるのに、ぴったりの1冊だと思います。

    掲載日:2013/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏、そして海が待ち遠しい

    「ぐりとぐら」シリーズでは、いつも、ぐりとぐらと友達になる登場人物が出てきますが、今回はなんとうみぼうず。とはいっても、人間のお兄さんに見えます。
    ぐりとぐらくらいの大きさの感覚になりきって読んでいるので、うみぼうずが出てきたときには、あまりに大きくて、親子でちょっとびっくりしてしまいました。でもよく考えたら、ぐりとぐらがちいさいんですよね。
    うみぼうずに泳ぎを教わったぐりとぐらは、上手に泳げるようになります。とってもうらやましくなって、「海に行きたいねー」と息子と言いあいました。
    夏や海が待ち遠しくなる絵本です。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな冒険

    海で遊んでいて、見つけたびん。
    その中からでてきた、不思議な地図と手紙を頼りに出発するとってもわくわくする話しです。

    なかでも、うみぼうずがでてくるなんて、予想外の展開がとても面白かったです。

    ぐりとぐらが穴に落ちた真珠をとっているところをみて、娘の小さい手じゃないと届かないものを取ってもらったことを思い出して、思わず微笑んでしまいます。

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな泳ぎ方

    • しぃずーさん
    • 20代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子3歳、

    ぐりとぐらが海水浴に出かけるお話。
    浜辺で拾った手紙から、物語が始まります。
    ぶどう酒の瓶の中に手紙…って、すごく憧れますね。一度でいいから拾ってみたいものです。
    手紙の差出人は「うみぼうず」
    どんな姿の生き物が出てくるんだろう!?と思ってみていると…
    大きな人間の男の子!?

    ぐりとぐらはうみぼうずにいろいろな泳ぎ方を教わります。
    どれもユニークな泳ぎ方。
    夏になったら、この泳ぎ方を真似っこして子供と遊びたいと思います。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのかいすいよく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット