おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぐりとぐらのかいすいよく」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぐりとぐらのかいすいよく 作:中川 李枝子
絵:山脇 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005288
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,170
みんなの声 総数 174
「ぐりとぐらのかいすいよく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私には二人の大切な息子がいます。
    もう成人していますが、二人とも「ぐりとぐら」で育ったようなものです。
    ぐりぐらシリーズは初刊からとびつきました。紙面いっぱいに広がる 夢いっぱい 自然いっぱい 生き物いっぱいの絵と あったっかい気持ちいっぱいになるストーリーが、息子はもとより私が魅了されました。大好きです。どの本も好きですが、印象に残っているのが「ぐりとぐらのかいすいよく」です。 
    息子たちが、スイミングに通いだした頃「ぐりとぐらのかいすいよく」に出会いました。うみぼうずの大きさとその泳ぎの迫力に、息子たちは当時、手を叩いて歓声をあげました。 そして、スイミングに行くのを嫌がっていた息子たちが、水泳の楽しさを発見したのもこの絵本でした。
    息子たちは、「うみぼうずおよぎ!!」と言いながら、いつの間にかバタフライが泳げるようになっていました。
     「あかいぼうし あおいぼいし ぐりとぐら ぐりぐらぐりぐら・・・」と言いながらスイミングクラブに通った時のことは、私のかけがえのない息子との時間でした。
     今も、本棚にはぐりぐらシリーズが「いつでも読んでね!」とささやいてくれています。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泳ぎたくなる絵本

    うみぼうずっていう男の子はホントにうみぼうずなのか、

    普通の男の子なのか、ちょっとそこが気になります。

    その子にいろんな泳ぎを教えれもらって感動する

    ぐりとぐたの様子がとてもかわいいです。

    いろんな泳ぎがかかれているので、

    実際にやってみたいなと思ったようです。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからの時期

    5歳の息子たちが読みたいと言って読んだえほんです。暑くなってきた今の時期に読みたくなる絵本だと思います。むすこたちはうみぼうずと聞いてらもっと恐ろしい物が出てくるのではと思ったようです。きょうみを持っていたのは泳ぎ方!いろいろな泳ぎ方が載っていたのでやりたくなったようです。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泳ぎの教科書です

    ぐりとぐらシリーズの中でも、息子のお気に入りの一冊です。
    海へ来た二匹が、瓶の中の手紙を見つけ、海坊主のお願いを聞くために、灯台のある島へ行きます。
    海坊主のお願いは、灯台の明かりの役を担っていた、真珠が、小さな洞窟へ落ちてしまったので、取りに行ってほしいということ。

    これだけでも、ちょっとした冒険話でわくわくするのですが、真珠を取ってきたお礼が、息子には大変楽しい物だったようです。
    泳げない二匹が海坊主に泳ぎを教えてもらうのですが、その泳法が素晴らしくて・・・。
    スイミングで習うようなものではなく、クラゲ泳ぎから始まり、クジラ泳ぎ。
    とどめは、いるかジャンプ。
    二匹もすぐに泳げるようになり、みんなで楽しく泳いだ後、別れる。という、素敵なお話です。

    大人も真似したくなるような泳ぎ方で、息子はすっかりお気に入り。
    今でも、お風呂やプールで、一番気に入ったクジラ泳ぎを披露してくれます。(ただし、スイミングの時間にやられたのは、困りましたけど・・・苦笑)

    掲載日:2013/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのぼうけん

    皮膚感覚で喜びたい本、ある年齢までに会っておきたい本というのは確実にある。子どものころ、周囲にほとんど絵本がなかったため、ぐりとぐらに出逢ったのが10歳を過ぎてからだったことは実に残念でならない。
    というわけでシリーズ3作め『ぐりとぐらのかいすいよく』。
    海岸でビンに入った手紙を発見したぐりとぐら、発信者うみぼうずの招聘に応えて宝物奪還の任につく。おお、あらすじにするとなんだか夏休み冒険映画だ! 
    私は自分が小学校高学年でこの本と出会ってから(今考えるとほぼリアルタイム)息子に読んでやるまでの長い間、この本を読むのはいま一つ気分がのらなかったものだが、そうか、これってやっぱり子どものツボを押さえているのか。
    岩場の秘密基地で岩のすき間にピカピカする石を落っことしてしまった男の子が、野ねずみにそれを回収してもらい、お礼に得意の泳ぎを教えるという筋立ては、夏休みに田舎で出会う地元っ子と旅行者の友情ものとしても読めるわけだな。
    読んでやってちょっとおもしろいのは、小さい子はぐりぐらにすっかり同化していることもあって、うみぼうずを半分子ども半分精霊みたいに感じている一方で(夏休みに泳ぎを教えてくれるイトコのお兄ちゃんってヒーローに見えたよね)、もうちょっと大きい特に男の子は、逆にうみぼうずの立場から、自分の夏の冒険ごっこに小人ならぬぐりぐらにまぎれこんできてもらえたら楽しいだろうなあという気分になるということ。カバー年齢広いよ! 
    こういう発見があるから、読み聞かせはやめられないんだなと思う。自分ひとりで黙読していてはわからない世界。聞き手に呼吸を合わせることで、びっくりするくらい深い場所までもぐっていける不思議。
    ちなみに5歳でこの本をたっぷり楽しんだ息子は4年生になってもぐりぐら目線で楽しんでいた。泳げないからか? そうなのか?

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泳ぎへのあこがれ!

    • どどさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    ムスコが小さいころから、大好きなお話です。

    「泳げるようになりたい!」
    「いろんな泳ぎ方をしてみたい!」
    「こんなに広い海を、泳いでみたい!」

    そういった海や泳ぎへの「あこがれの世界」を広げてくれる、一冊だと思います。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水着もかわいいぐりとぐら

    小さいころからぐりとぐらはよく読んでいましたが
    なんとなくぐりとぐらは外国のお話のように感じていました。
    ぐりとぐらのファッションやデティールがとてもおしゃれで
    異国の雰囲気だったからです。

    今回大人になって改めて、「ぐりとぐらのかいすいよく」を読んでみて
    びっくり!あれ!?景色がかなり日本的!?

    三保の松原のような砂浜に、海坊主(とってもかわいらしくて
    海坊主にはとても思えませんが)、そして真珠・・・。
    なんだか日本的な海の様子がとってもぐりとぐらの世界に
    馴染んでいるのです。
    そしてレトロな(50年前は流行の最先端?)ぐりとぐらの
    水着のかわいいことかわいいこと!!
    ぐりとぐらが「うきぶくろ」を持って海に駆け出していくところなんて
    本当にいとおしくてたまりません。

    ストーリーもさることながら、ぐりとぐらが半世紀も愛されているのは
    すごく普遍的な、時代も国も問わない万国共通の「かわいらしさ」なのだとおもいます。

    大学時代図書館でぐりとぐらの韓国語版を見たとき、文字が
    ハングルでも英語でも全然違和感がないことにびっくりでしたし、
    世界中でぐりとぐらが愛されていることにも大興奮でした。
    外国の子供たちは松林の海岸に異国情緒を感じていたりして・・。
    なんて考えるのも楽しいです。

    おばあちゃんが読んでも、ママが読んでも、子供が読んでも
    「かわいい!!」と思えるぐりとぐら。
    これからもずっとずっとみんなに愛されますように。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海に行きたくなりました

    今回はぐりとぐらが海水浴に行きます。いつも青と赤の服を着ているのが、今回はストライプの水着になっていてかわいらしいですね。うみぼうずに水泳を教えてもらってとっても楽しそうでした。娘も喜んで一緒に絵本を読んでいました。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海に行きたい!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ぐりとぐらで、夏・・・と言えばこのおはなし。
    ぐりとぐらの水着もレトロでかわいらしい。

    ビンが砂浜に流れ着いて、中に手紙・地図・浮き袋。どれも、子供心をくすぐるものばかり。手紙も地図も何度も眺めていました。

    海の中を揺られているぐりとぐらもいいし、なんといっても最後の色々な泳ぎ方が出てくるのが子どもたちには大喜びでした。
    くじらおよぎとかいるかじゃんぷとか・・・

    夏はやっぱり、海!

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな泳ぎ方が試したくなる

    「ぐりとぐらのかいすいよく」の絵本を初めて知った時
    え!泳ぐの!!ってびっくりした覚えがあります。

    それまでによんだ ぐりぐらシリーズ が
    「ぐりとぐら」と「ぐりとぐらのおやくさま」だけだったので、
    なんだか意外な気がしました。

    でも、お話を読んでみると、ぐりぐららしさがいっぱい詰まっていて
    すぐに好きになりました。

    特にいろいろな泳ぎ方が面白い!!
    見ているだけで自分もその泳ぎが出来るような気分に
    なって、とっても楽しいです。

    掲載日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぐりとぐらのかいすいよく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット