にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

いつもいっしょ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

いつもいっしょ 作・絵:ケビン・ヘンクス
訳:金原 瑞人
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1994年
ISBN:9784751514436
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,171
みんなの声 総数 6
「いつもいっしょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 共感できる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ケビン・ヘンクスと言えば、2005年のコールデコット賞受賞した「まんまるおつきさまを おいかけて」で知られています。
    今回の作品は、1994年のコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    物語の主人公は、ネズミの子オーエン。
    オーエンのお気に入りは、黄色いタオル。
    赤ちゃんのときから、ずっといっしょ。
    どこに行くにも一緒なのです。
    そんな時に、お隣のおばさんが、お節介な一言を言い出します。
    「おたくのぼうや、もう あんなものを もちあるく
     としじゃないでしょうが」
    こんな方って、いますよね。
    パパもママも気になり出して、黄色いタオルを持ち歩かないようオーエンに諭すのですが、一向に聞き入れません。
    でも、もう直ぐ学校に入学します。
    流石に学校には持っていけません。
    そこで、ママが素晴らしいアイデアを出すのですが、お隣もおばさんも納得の解決法でした。

    子供の頃って、何かしらこだわりの物があって、傍から見ると何でその物が好きなのか理解し難いことってあると思います。
    いつの日か、そのこだわりもなくなる日が来るのだから、それを許容してあげることができる親になりたいものです。
    上手く行き過ぎという感が若干ありましたが、それよりも、こういう記憶って自分も含めてあったなと共感できました。

    子供だけでなく、親も読みつつ楽しめる絵本としてオススメします。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いつもいっしょ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット