大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

くつくつどんなくつ?」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

くつくつどんなくつ? 作:エリザベス・ウィンスロップ
絵:ジョイス・ウィリアム
訳:なかがわ ちひろ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1994年
ISBN:9784572003362
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
「くつくつどんなくつ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズム感のある翻訳

    ぶかぶかのくつ、きつきつのくつ、ゴムの長靴、ふかふかの靴・・・。たくさんの靴が出てきます。
    子どもにとって身近な存在である靴がこれだけバラエティ豊かに出てくるのですから、楽しくて仕方ない様子です。
    さらにこの絵本のすごいところは翻訳!
    まるで日本絵本のように、美しいリズム感のある文章が次々と展開されます。翻訳にありがちな違和感は全くありません。さすがです。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感のある絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ボタンの靴、ペタンコの靴、乗馬の靴、長靴、スケート靴等など沢山の靴が出てくる絵本です。
    竹馬とかスキー板とか水中用の足ヒレとかは靴?という感もあるんですが、履くものという範疇で考えて良しとすべきなのでしょう。

    とにかくそれぞれのシーンの絵は、綺麗で楽しいもの。
    登場する子供の楽しい姿に、我が身を投影できるはずです。
    それとリズム感のある文章のマッチングが良く、テンポ良く読み聞かせできる作品だと思います。
    最後のオチも納得もの。
    靴に履きなれてきた頃に読み聞かせするのが、ベストの作品です。
    関心を持って聞いてくれることは間違いありません。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳4ヶ月の息子に読んでやりました。いろいろな靴がたくさん登場します。靴は息子にとってもとても身近なものなのでとても実感がわくらしく、逆に家の中でも靴をはく習慣のページには違和感。よくわかったねーと褒めてやれることができます。そういういろいろな感じ方を大切にしながら、やっぱり「靴がない、素足が気持ちいい!」で終わるところがすっきり感です。家の中では冬でも滑るからと素足にさせているので、最後の最後まで身近なストーリーと受け取れるのでしょう。

    時々、これも靴として分類していいの?と思うような「靴」も登場しますが、まあ足に履かせるからいいやとそこは深く考えず、子どもと一緒に色々な靴を楽しんでください。靴に慣れ親しんだ頃読んでやると子どもがよろこぶ一冊だと思います。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くつくつどんなくつ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット