あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おとなしいめんどり」 大人が読んだ みんなの声

おとなしいめんどり 作・絵:ポール・ガルドン
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938069
評価スコア 4.79
評価ランキング 391
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 当然の報い。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    むかし、ねこといぬとねずみと、おとなしいあかいめんどりが、
    居心地の良い小さな家に住んでいました。
    しかし、ねこもいぬもねずみも怠け者。
    家の仕事をするのは、おとなしいあかいめんどりだけでした。
    ある日、おとなしいあかいめんどりが、小麦の種を見つけます。
    その小麦を育てようと、いぬやねこやねずみに、
    何度となくお手伝いをお願いしますが、その度に断られます。
    そうして、おとなしいあかいめんどりは、
    小麦の粉でお菓子を作るのですが・・・

    働き者のめんどりとは正反対に、ねこやいぬやねずみは、
    なんてぐうたらなんでしょう。
    気持ちいいほどの断わりっぷりに、思わず笑ってしまいますが、
    世の中そんなに甘くない。
    いいとこ取りなんてもってのほか。

    めんどりが作ったお菓子は、当然めんどりが食べるに値するわけで、
    「わたしはひとりで おかしを食べます!」の言葉に拍手!!

    働かざるもの食うべからずです。

    「そうして ひとかけらも 余さず食べてしまった。」
    なんて気持ちいいおはなしでしょう。

    思わず、うんうんよくやったと褒めてあげたい。

    テンポの良い繰り返しと、絵もいきいきしていて素敵!
    機会があれば読み聞かせに使いたいが、
    少し版が小さいので、少人数のおはなし会ならいけそうかなって思います。
    でも、絵が大きめなので、遠めでも見えるかもしれませんね。

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話も絵も素敵

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    絵本の紹介でこの絵本を知り、ぜひ読みたいと思い読みました。
    働きもののめんどりが、一緒に住む犬、ネコ、ネズミに色々なお手伝いをしても、みんな「いやだ」と断ります。
    ケーキが焼けた時に、「ケーキを食べたい人」と聞いたときは、みんな「食べる!」の返事。
    どうなるんだろう?とドキドキしていると、なんと「わたしが一人で食べます!」とはっきり主張。
    なんだか、胸がす〜っと爽快な気持ちになりました。
    ケーキが焼ける時の美味しい匂いに、ネコ達みんなが鼻をクンクンとさせている絵がとても可愛くて、物語を引き立たせているなと感じました。

    母となった今、めんどりの立場のような気もするし、何年か前までは
    犬、ネコ、ネズミの立場だったような気もするし、と思いながら読みました。
    最後に、それからはメンドリのお手伝いをみんながするようになったという締めくくりもとても良かったです。
    これを読んだら、どんな子でもお手伝いしなきゃと思いそうです。
    息子が幼稚園ぐらいになったら、ぜひ読み聞かせをしたい絵本です。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者のめんどりさん 一枚上手

    むかし むかし・・・(昔話の良さが感じられるはじまりです)

    ポール・ガルドンさんの絵がステキ! もちろんお話にぴったりです!

    おとなしいあかいめんどり 働き者で 我慢強いのに 頭が下がります
    私なら もうとっくに怒ってたでしょうから・・・・

    ナマケモノの ネコ いぬ ネズミ
    めんどりさんは お皿を洗い ごはんを作り 掃除して ふくを作ろう
    まあ! なんて働き者の お母さんのよう
     
    みんなに 小麦の種を蒔くから手伝ってと言っても・・・「いやだね」みんな知らん顔  とうとう めんどりさんは 一人で 小麦を育て お菓子を焼くのです。
    美味しい臭いに つられて やってきた ネコ いぬ ネズミのかお
    何だか腹が立ちますね!

    ところが おとなしいめんどりさんは きっぱりと 「わたし一人で育てたから 一人で食べます!」
    すーとしました このめんどりさんの言葉に。

    働かざる者食うべからず!  是に懲りて みんなも 働くようになったのですね  
    よかった! めんどりさんのおかげですよ!  わかってるかな
    なかなか いい話で 絵もステキなので   みんなに読んであげたいです!

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「粋な味わい」を感じました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    面白かったです。本の後ろには読んであげるなら4歳からって書いてあります。
    まだ読み語りとかには使っていませんが、この絵本は黙読だけより、声に出して読んだ方が楽しそうな気がします。

    にわとりっていうより、ちゃぼの羽の色をしてるような気がしますが、
    働き者で、いいですね〜。人に頼むより自分でやっちゃう。
    たいていの主婦なら、このにわとりの気持ちがわかると思います。
    進んで手伝ってくれるのならうれしいけど、いやいや手伝ってもらってもね〜。

    各ページの色合い、装飾、小物に至るまで、細かいこだわりが見えてとても素敵でした。
    特に小麦の刈入れを頼んだとき、他の3匹が断っているシーンの描写はサイコーでした。

    私が持っている本の発行は1994年版でしたが、この本自体は1973年物のようです。古いのにこの作品の「粋な味わい」は、時代を超えて伝わってくるものがありました。

    掲載日:2010/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとなしいめんどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット