しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はけたよはけたよ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

はけたよはけたよ 作:神沢 利子
絵:西巻 茅子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年12月
ISBN:9784032040302
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,166
みんなの声 総数 130
「はけたよはけたよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パンツをはきたがらない男の子に是非!

    • ミミユニさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子5歳、

    ひとりでパンツがはけない男の子・たつくんが主人公の絵本です。まだお着えに悪戦苦闘していた頃の息子に読んであげました。

    上の娘はすんなりとひとりでお着え出来るようになったのですが、下の息子がパンツをはけるようになるまでが本当に大変でした。息子はシャツやトレーナーはちゃんと着てくれるのですが、下はすっぽんぽん状態でいるのが好きで、常にパンツとズボンをはくのは嫌がっていました。私がはかせようとするといつもおしりを出したまま走りまわって、お着替えでは常に一苦労していました。男の子ってどうしてもはだかんぼでいたがる時があるものです。おしりを出して家中を駆けまわる姿は、絵本のたつくんとまさに一緒です。

    そんな息子にこの絵本を読んであげると、おしりを出している主人公のたつくんがすっぽんぽん状態の自分と同じところにひかれて、この絵本に熱中していました。たつくんがおしりを出していたら動物たちに笑われてしまう場面を読むと、息子はパンツをはかないと恥ずかしいということを理解してくれたようです。そして、たつくんがパンツとズボンをはけるようになった場面を通して、「ボクもたつくんみたいにパンツはきたいなぁ。」と感じてくれたようで、息子もしっかりとお着替えが出来るようになりました。読み終わってからの子どもの反応を通して、改めてこの絵本の持つ子どもを引きつけ揺り動かす魅力に感動しました。長年に渡って読まれ続けている作品だけに、今後も多くの子どもたちに読んでもらいたい1冊です。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子、ちょっと違う・・・

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    5歳の息子はパンツは全然一人ではけますが、
    「パンツ」とか「おしり」とかいうキーワードが大好きで、
    この絵本を選んできたようです。

    特にパンツはけないたつくんがやけくそ起こして
    パンツはかずに外へ出て行くシーンでは
    げらげら大笑いしていました。
    たしかに、その後の動物たちとのやりとりのシーンは
    面白くて私も笑いそうになったけど・・・

    私達、ちょっとこの絵本の楽しみ方が間違ってる気が・・・

    パンツなかなかはけない2歳くらいのお子さんにオススメしたいです。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンツ

    たしかにパンツをはくのは難しいです。

    5才の子も、今だにおしりを床につけてはいています。

    パンツをはかないまま外に出るのは平気なのに、しっぽのないつるつるのお尻は、恥ずかしいようですね。

    なんとか、自分でパンツがはけた たつくん。
    その方法は「しりもちをついたままはく」とは、驚きです。

    ママの手伝いなしに、自分でやることがうれしいのでしょう。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自立の始まり

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     パンツをはくことが絵本になるのか?…なるのだ。少なくともおむつがとれてからしばらくの幼児にとっては日々のパンツ着脱は大仕事。

     主人公のたつくんはかんしゃくをおこしてお尻丸出しで外へかけだしたあげくお尻を泥だらけにして戻り、お母さんにしかられ、でも最後は動物たちにもほめられて大満足。

     パンツをはくため片足をあげて…どでん!のところをページをもどしながら繰り返す、動物たちがたつくんに尻尾を振って見せるところを1匹づつ丁寧に繰り返す、お母さんが泥だらけのお尻をジャブジャブ洗うときにたつくんが「冷たーい」リアクションをするなどすると楽しめるだろう。

     ところで…子どもに絵本を読む時、固有名詞に読みかえるのも子育てでは常用手段だが、それはまた別な話…

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はけたよはけたよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(130人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット