ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくのいろなあに」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくのいろなあに 作・絵:はた こうしろう
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:2001年03月
ISBN:9784591066713
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,249
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お勉強っぽくない

    色を覚える本のようですが、
    息子にとっては楽しい物語の本だったようです。
    クーとマーがぐるぐるまわるところがやっぱり好きで、
    お勉強している感じがなく、読んでいるうちに
    自然と覚えてしまう感じがいいなと思いました。

    息子も2週間の図書館の貸し出し期間のうちに
    いくつか覚えられたので、
    機会があったら購入したいと思う本でした。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色が何回もでてきますよ

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。なんとか色の違いや色を覚えた息子に、テストも兼ねて読んでみました。くーとまーのお着替えの様子を、色で綴ったものです。

    それぞれ、パジャマから始まり、シャツ、ズボン、セーター、コート、靴下、長靴、手袋とよくこんなに着込むねーというくらい着てくれますが、それぞれくーとまーで違う色です。それをいちいち指をさして、何色?と聞いていったわけです。中間色や言いづらい色だけは無口になりましたが、教えた色はばっちり!とこちらも一安心。

    そして、ただテストしただけだとつまらないのですが、終盤にくーとまーが雪ダルマのようになっているところでは、とても楽しそうに笑っていました。きっとコミカルなストーリーに写ったのかもしれません。

    もちろん、服を着る様子を教えることにも使えますし、これから色を覚えるには何度も繰り返される色もあるので、とてもいい学習の本になります。ただ単に本を読んであげるだけでも、十分楽しめると思いますよ。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色鮮やか

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    かわいいクマの兄弟「くー」と「まー」。
    雪が積もった外に遊びに行くために、たくさんのお洋服を着込みます。
    どれもとても色鮮やか。こんなに色とりどりだと悪趣味になってしまいそうですが、なんともお洒落にまとまっているところがすごいな〜。
    ぶどうやバナナなど、おなじみの果物を例えに使っているので、小さい子でもすんなり分かりそうです。
    色を覚える絵本はたくさんありますが、これはストーリーがきちんとあって、はたこうしろうさんの絵もとてもかわいいのでおすすめです。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもかわいいイラストにひかれて購入。
    1歳半くらいだったと思います。
    最初は「バナナ」や「りんご」といった、ものの名前を覚え、
    徐々に「きいろ」「あか」と、色を覚えるように。
    今では、ひとりで絵本を開いて声に出して読んでいます。
    言葉のかんじもとても心地よく、子供の成長具合もわかる、おすすめの絵本です。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい

    色のなまえも少しずつ言えるようになってきていたのでいいかもと思い購入しました。
    色の名前、そしてなによりカラフルで楽しい気持ちになります。
    「もう一回、もう一回」と何度も読みました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お勧め!

    かわいいこぐまのクーとマーのお話です。
    私好みのかわいい絵に一目ぼれして、
    子どものためというより私が欲しくて買いました。


    クーとマーが、お外へ遊びに行く時の様子を描いてます。
    雪が降っているので、たくさん洋服を着込んで出かけます。
    1ページごとに1枚着ていくのですが、ただ何色 ではなくて、
    うみとおなじあおいろのくつした というように、
    必ず色が分かりやすく表現されているんです。
    そこもポイントでした。これなら色を覚えやすいなって。
    色使いもすごーくいいんです!!
    ほんとに綺麗で、自分ひとりでも眺めたりしましたし、
    息子もこの絵本は何度も読んでと持ってきました。


    少し大きくなったら、英語では何て言うの?
    とかそういう使い方もできますよ。

    掲載日:2009/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくのいろなあに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット