なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

わたし」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

わたし 作:谷川 俊太郎
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年02月
ISBN:9784834008470
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,363
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学書!?

    • オナミーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子0歳

     私。
     弟から見るとおねえちゃん。
     両親から見ると娘。
     外国人から見ると日本人。
     キリンから見るとチビ。アリからみるとデカ。。・。

     おっ! これは、子供用の哲学書かっ!? と思いました。

     赤ちゃんだった頃から、娘は成長し、もうすぐ4歳です。
     
     自分と他人の区別さえつかなかったであろう赤ちゃんが、自己を意識し、自分と他人と区別する。
     そして、この絵本は、『自分を客観的に評価する』ことを、娘に始めて意識させてくれた絵本なのではないでしょうか。

     『私的には・・』と、最近多用する娘。
     『私的には、この絵本がおもしろいんだよねー』とか、
     『私的には、こっちのおもちゃで遊ぶのがいいんだよ』とか。

     『わたし』を、『娘』と捉えてくれる近しい人がいる一方、『だれ?』と捉える人まで、さまざま。

     対 人間のコミュニケーションで、大切なのは距離感。
     『自分』を客観視する一方、他者との距離感も実感することのできる、そんな絵本だと思います。
     
     自分の回りの人になぞらえて、『○○さんからは、私は・・・』と考えて遊ぶことは、この先、社会に出てからのコミュニケーションに役立つと思うのは、期待しすぎでしょうか?

    掲載日:2008/07/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット