あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

わたし」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

わたし 作:谷川 俊太郎
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1981年02月
ISBN:9784834008470
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,340
みんなの声 総数 43
「わたし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わたしと誰か

    わたしとは何だろう、という哲学的な問題をわかりやすく提起しています。私は、このようなことをあまり考えたことはありません。でも、この絵本はそんなに難しく考えなくても楽しめます。わたしって、いろいろいるんだなと思うと視野が広がりそうです。

    「わたし」は一人ではなく、誰か相手がいることで存在しているんだなと思いました。

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私は何者?

    私がふだん目にしているものから見ると、私はどのように見えるのだろうか?
    自分を客観的に見ることは、子どもにとっては難しいことのように思います。
    でも、この絵本は自分の思考を逆転させることで、今まで考えたこともない世界を見せてくれました。
    長新太さんの絵にしては意外なほどにあっさりしていて、意外性の面白さを発見しました。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 当たり前のことなのに、面白い

    「わたし」は「わたし」なのに、相手によって幾通りにも呼び方が変わるのですね。
    当たり前と言えば当たり前のことなんですが、改めて読むと面白いですね。
    子供も、楽しんでいました。
    少し気になった箇所は「がいじん」という表現です。
    「がいこくじん」のほうが、いいのではないかなー?

    掲載日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学書?

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    わたしという存在をあらゆる立場から見ると「こんな感じ?」みたいなことで自分という人間を客観視するのかな・・・?
    言葉で説明するのは難しいことを、この絵本によって、いとも簡単に子供にもわかりやすくしてまったということですね
    実に奥が深いと思います
    大人が読んでも感慨深くなるのでは・・・
    ぜひ親子で読んでみてください

    掲載日:2009/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「わたし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット