ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

かぼちゃスープ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かぼちゃスープ 作・絵:ヘレン・クーパー
訳:せな あいこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784900656321
評価スコア 4.73
評価ランキング 943
みんなの声 総数 84
「かぼちゃスープ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おいしそう!

    仲良し3人組、ねこ&りす&あひる。
    いつも共同作業でおいしいかぼちゃスープを作っています。
    でもある日、あひるが自分の担当じゃない「スープをかきまぜる」仕事をやりたがって大喧嘩に・・・。

    この本、絵がとっても魅力的です。
    絵本の雰囲気もなんとなくかぼちゃ色で。
    3人の友情物語なんだけど、友情を象徴するのが「かぼちゃスープ」。
    3人揃わないと、美味しいスープにならないんです。
    このスープ、飲んでみたいなぁ!!

    食べ物が出てくる絵本が大好きな息子も楽しそうに読んでいました。
    ハロウィンの時期に読むのもいいですね。

    掲載日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 3人でおいしそうなかぼちゃのスープを飲んでいる表紙に惹かれて読みました。とっても仲がよさそうに見えた3人ですが、どうやらあひるは、ときどき、いつもとちがうことがやってみたくなっちゃう性格のようです。これが喧嘩の原因のようですが、どこか憎めないキャラクターのあひるでした。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲がよかったのに・・・

    ねことりすとあひるは、仲良しです。
    一緒のおうちに住んでいて、いつもおいしいスープをつくります。
    いつもは役割分担があったのに、あるとき、違うことをしようとしたら、
    大ゲンカになってしまうんです!!
    とうとうあひるは家出をして・・・。
    ケンカをした後の、揺れ動く気持ちが、とても共感できて、
    おもしろい絵本でした。
    もどってきた後の、行動も・・・(笑)!!
    なんだか、かぼちゃスープが飲みたくなりましたー♪

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    絵がとても可愛く、中身はそんなに重視せずに借りてきた絵本です。でも・・・中身もすごーくすごーく良かったです。仲良しのねことりすとあひるのお話です。でもねことりすVSあひるのケンカになってしまい・・・。
    本当に可愛い内容で、可愛い絵、それに面白い。4歳長女もずっと笑って聞いていました。
    この絵本は購入したいなと思っています。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がすばらしい

    次女1歳が表紙のネコに魅せられて図書館で選びました。
    普段はとても仲良しで、役割分担もうまくいってて毎日楽しく暮らしている3匹の動物達。ある日ふとしたことがきっかけでそれが崩れてしまいます。
    内容は娘達にはちょっと難しいよう、というか感想は「ふ〜んケンカしたんだ。」ってなかんじだと思います。
    それでも絵が本当に美しくて。
    娘達も私も1ページ1ページずっと見ていたいと思うような、惹きつけられるキレイな絵でした。
    寝る前に読んであげると、こちらまで気持ちがすーっとするような絵本。絵でそこまで感じさせられた絵本ってなかなかなかったです。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が絶品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1999年のケイト・グリーナウェイ賞受章作品。
    作者のヘレン・クーパーは、1作目の「いやだ あさまで あそぶんだい」で1997年にもケイト・グリーナウェイ賞を受章していて2回の受賞という快挙を成し遂げています。

    久しぶりに外国の素晴らしい絵本との邂逅があったという印象です。
    我家での絵本の選択基準は、絵が奇麗なことなのですが、この作品は最高水準です。
    姿形、構図、色あい、デフォルメの具合とも絶妙で、細かいところまで精緻に描かれているので、何度見ても新しい発見があって、決して飽きることはありません。

    仲良しのねこ、りす、あひるが、些細なことでケンカしてあひるが家出してしまうのですが、居なくなったときのねこ、りすの悲しい表情は、何とも言えません。
    ともだちと仲良くすることについても、考えさせられること受けあいです。

    あひるは、ねこ、りすより年下で末っ子を意識した設定になっているのでしょう。
    あひるの我がままが多いのですが、子供も絵本のなかに、自分も参加した気持ちになって楽しめるはずです。
    一寸したプレゼントにも最適だと思います。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かぼちゃスープ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

みんなの声(84人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット