タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。

くもくん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

くもくん 作・絵:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年10月
ISBN:9784591057902
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,584
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいいくもくん

    ふわふわのかわいいくもくん。色合いが優しくてほのぼのとします。
    くもくんがいろんなかたちを観察したり、真似っこしたり。
    暖かくておだやかな一日だなあと感じます。
    ふわふわ、決まった形がないのがくもくんの形。
    優しい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 決まった形はなくても

    表紙の「くもくん」のかわいらしさに、思わず手に取っていました。
    絵からも、雲のふわふわとしたやわらかさが、伝わってくるような気がします。
    自分の形がないことに、不安を感じていたくもくんですが、ありのままの自分を、受け入れることが出来たのだと思います。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れる雲

    流れる雲をぼんやり眺めていると心がゆったりしてきます。

    なんにでも成れる雲くんが羨ましくもなりますが、雲くんからすれば、

    同じ形でないことが不安に思ったり、眺めてくれる人が喜んでくれる

    ことを嬉しく思ったりして、最後には「形のないことが、雲くんの形

    であることを認識して、自分の姿に納得する」雲くんに感動しました。

    人と違っているのは個性であると勇気を持った絵本でした。

    いつもそう思おうとしている自分がいるのも確かだし、気が楽になった

    ようです。いろいろな形があるし、流れているうちにどんどん形も変化

    していくし、それを楽しみたいと思いました。

    その形を温かく見守ってくれる人もいるし、励みにもなって役にたって

    いるし、と思うとなんだか気楽になれました。

    言葉少ない絵本ですが、鉛筆画の柔らかいソフトタッチの絵で優しさが

    いっぱい伝わってきました。

    流れる雲のように逆らわないで流されて自分の意思で形を作りながら

    その時その時を楽しみながら生きたいと思いました。

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くもくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット