だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ボリボン」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ボリボン 文・絵:マレーク・ベロニカ
訳:みやこうせい
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年09月
ISBN:9784834018820
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,928
みんなの声 総数 42
「ボリボン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイセツニ

    いたずら好きの男の子。でもそれは、構ってほしかったのかなと思いました。根っからの悪じゃあなさそう。誰だって最初から悪い子はいません。悪い事をして悲しむ人がいるということを知らなかったのかも。そして、自分でも悲しむということを素直にできなかったのかもしれないと思いました。説明くさいかんじはしたけれど、おもちゃを大切に、ということを教えるにはわかりやすいかな。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子って大変

    主人公の男の子、ガビはなんでも壊してしまいます。
    我が娘も相当落ち着きなくものをなくしたりなどはしょっちゅう
    ですが、こんな風にかたっぱしからものを壊してしまうことは
    さすがにないです。男の子って大変だなあって思いました。
    私がガビのおかあさんだったら毎日毎日がみがみやかましく
    叱っちゃうだろうなあ。
    なのに、ガビのおかあさんはすごいです。
    普通にしているのです。
    ボリボンのおなかを切ってしまったことについても、怒ることは
    なく、直してくれるのです。そうしてただ一言「なかよく あそんでね」
    と言うだけなのです。
    なんという私との違い!とてもこんな風に接する自信がありません。
    幸い、娘は、ガビがボリボンのおなかを切ってしまっている場面では
    「わあ、いけないんだあ。どうなっちゃうのだろう」という顔を
    して聴いていましたので、ガビのおかあさんのようにならなければ
    いけないことにはならなさそうです。子どもは親を選んで
    産まれてくるのかな?

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ボリボン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット