だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

マトリョーシカちゃん」 大人が読んだ みんなの声

マトリョーシカちゃん 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784834011883
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,070
みんなの声 総数 72
「マトリョーシカちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マトリョーシカちゃんがいるから楽しい繰返し

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    「マトリョーシカ」が主人公。というだけで、この絵本を子どもたちに読むなら“冬”だなと思ってしまいました。
    表紙にはマトリョーシカちゃんと一緒にモミの木らしいのも立っているし…。

    実はタイトルだけで図書館で見つけて借りてきたのですが、
    作者が「かこさとしさん」という時点で、かこさんらしいキレのある内容で面白かったです。

    この絵本にはマトリョーシカちゃん以外にもおもちゃ達が登場します。
    いろいろ検索して調べてみたのですが、ロシア文化の知識が乏しいので、このほかに登場するおもちゃ達が、ロシアの民族的なものなのかどうかまでは分かりませんでした。(残念)

    マトリョーシカちゃんがいるからこそ、楽しい繰返しのおはなしです。
    子どもたちに読み聞かせするなら、6,7歳くらいから小学校の中学年くらいでしょうか。

    掲載日:2016/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほしくなる

    ロシアの絵本かと思い手に取れば、なんと、加古さんが文も絵もかかれているんですね!
    絵がかわいくて、物語は、ほのぼの。ロシアのお人形でありながら、懐かしい気もします。マトリョーシカ、ほしくなりますね!
    子どもはもちろん、かわいいものが好きな大人女子にも喜ばれそうな絵本です。

    掲載日:2016/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアのお話し マトリョーシカちゃんがお客さんを招待するのです
    さあ どんなお客さんが来たのかしら?

    ユラユラ人形   どんぐり人形 やぎにのったおしゃれにんぎょう

    人形達が それぞれ 自分にあった相手を見つけて 楽しく踊るというおはなしです
    マトリョーシカの人形から4つの人形が出てきました   かわいいです

    我が家にもあります  (以前ロシアに訪れた時のおみやげです)
    つぎつぎ 小さい人形が出てくるのです
    愛らしくて 子どもも楽しめる 人形ですね

    このお話を加古里子さんが文・絵を描いたのです
    こんなかわいい絵を描いていたのですね

    だるまちゃんとてんぐちゃんシリーズなどでおなじみです   

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きさがぴったりの友達

     マトリョーシカは、ちいさな人形が「入れ子」になっているのが楽しいです。そしてマトリョーシカという、ひびきもおもしろいなと思います。
     小さな人形たちにも、それぞれ名前があるんですね。
     マトリョーシカちゃんたちみんなに、大きさがぴったりの友達が来てくれました。みんなで踊っている場面は、ほのぼのしました。

     さいしょのページで、マトリョーシカちゃんがみんなのスカーフを干している場面が、なぜか印象に残りました。

    掲載日:2013/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシア的雰囲気

    かこ氏の作品で
    これ読んでなかったかも・・・

    なんとなく淋しげな表情が
    気になる表紙
    裏表紙も広げてみると
    スカーフが干してあります

    絵本を開くとあっ!
    干してる(^^ゞ

    ロシアの名前は、覚えにくい(*_*;
    〜シャが、こんがらがります
    ロシアが舞台なので
    変わった人形のパレード!
    小さいのから大きいのまで
    順番に

    でも、どんぐりさんは日本でも
    作りますね

    で、予想通り
    マトリョーシカですので
    出てくる、出てくる

    小さい子向けなんでしょうが
    だるまちゃんシリーズと同じく
    ちょっと大きい子も
    楽しめますね

    掲載日:2013/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずんたか ずんたか

    「ずんたか ずんたかーーーー踊ったり」

    「つんたら つんたらーーーー歌ったり」

    「ぺちゃくちゃ ぺちゃくちゃーーーーおしゃべりして」

    みんなで楽しく過ごす最後の場面が大好きです。

    本当に可愛くて楽しそうで魅入ってしまいます。

    やっぱり楽しく過ごすのが一番だと思いました。

    仲間は作ればいいのだと思いました。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マトリョーシカちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / こんとあき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(72人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット