だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きつねのおきゃくさま」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

きつねのおきゃくさま 作:あまん きみこ
絵:二俣 英五郎
出版社:サンリード
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年
ISBN:9784914985271
評価スコア 4.82
評価ランキング 173
みんなの声 総数 72
「きつねのおきゃくさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いい絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    相手を食べてやろうとしていたはずのきつね。相手からの信頼により、変わっていきます。相手の態度次第というのはたしかにあると肯けました。
    ちょっと結末は子供には悲しかったようですが、それでも心に響くものがあったように感じます。
    いい絵本だと思いました。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳児が涙しました。

    幼稚園の読み聞かせの時間に読みました。

    生と死について考えるのにはまだ早いかな?と思ったのですが、
    逆に5歳の子はこのようなテーマの本を見てどのような反応をするのか見てみたいと思い読んでみました。

    ごちそうして丸々太っていく。「また太った〜」と繰り返しの多い展開に最初は笑っていた子ども達。
    しかし、黒雲山のシーンになり徐々に場面が怪しくなると、子ども達の表情も不安げになりました。

    オオカミがいなくなり「やったー!」と声が上がりましたが次のページのまさかの結末に
    「あっ・・・」と何人もの幼児が衝撃を受けていました。

    キツネさんはかっこいいね。
    大切な友達を守ったんだね。
    最初は食べようとしていたのに。友達になったんだね。

    5歳にもしっかりエッセンスは届いていたように思います。

    あまんきみこさんの名作の1冊だと思いました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 純粋な心

    • ニコラ☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子1歳

    きつねは自分が食べるために太らせようとひよこやあひる、うさぎに
    ごはんをあげたり、親身になってお世話します。
    初めは自分のためにしていたことが次第に人のためにという心に
    変わっていくきつねの純粋な心にほろっときました。

    「やさしい」とか「神様みたい」とひよこたちが言っているのを聞き
    ぼうっとなって照れてみたり、素直に喜んでいる姿がとてもかわいらしい一面。

    最後、きつねがオオカミと勇敢に闘ったのは、初めの食べようとしていた欲深い心からではなく
    本当にひよこたちを守ってあげたいという気持ちからだったんじゃないかと思います。

    子供たちはまだ奥深いところまでは読み取れていないようですが
    「あったとさ」など昔語りなところが新鮮なようで喜んで読んでいます。

    掲載日:2010/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話だったんだ

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    きつねがひよこを食べようと近寄り、ひよこはやせていたので太らせてから食べようと思います。
    絵本に「よくあることさ。」とあるように、こんな話はよくあります。
    結局、ひよことあひるとうさぎに親切にごはんをあげるきつね。
    「後で食べてやるぞ・・・」と裏はあるものの、ひよこたちに褒められてうれしいきつね。
    きつねの気持ちがぐんぐん伝わってきます。

    ラストの展開にびっくりしました。
    こんなお話だったんだ・・・。
    読み終わった後も、感情が揺さぶられる絵本です。
    何回も読みたい絵本の一つになりました。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙をかくしつつ読みました

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    事前に読み通すことをせずに、息子といっしょに読んでいきました。話の中に、こんなに悲しい場面があることを知っていれば、心の準備があったなあと思います。

    きつねは、お人よしだったけれど、結果的には、小さいものを守る勇敢な心をもつことができました。心の成長はすばらしいものでした。だからこそ、あの悲しい場面は、どうにも涙がでてきてしかたありませんでした。
    いっしょに読んでいた息子は、この場面で、驚いてことばを失っていました。でも、きっと、きつねの生き方が息子の心にもつきささってきたにちがいないと思います。

    掲載日:2008/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねのおきゃくさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ふしぎなキャンディーやさん / いちにちおもちゃ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット