ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おつきさまはきっと」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

おつきさまはきっと 作:ケイト・バンクス
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:さくま ゆみこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784062619950
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
「おつきさまはきっと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おやすみなさい

    おつきさまは、優しく皆を見守っているのが伝わってきます。お月様に見守られてとても安心できます。「今頃、お月様は きっと・・・・」の繰り返しがとても優しい響きです。「お母さんが、うさぎさんを隣に寝かせてふかふかの毛布を顎まで掛けてくれました。」が、私の一番のお気に入りで、優しくとっても安らかな気持ちにさせてくれました。心がとっても癒されました。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上品な「おやすみなさい」

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    あの「リサとガスパール」の絵を描いている、ゲオルグ・ハレンスレーベンの画に、
    上品で落ち着いた文章が合わさって、
    ゆったりと眠りに誘ってくれる絵本です。
    リサとガスパールや、ペネロペちゃんは、かわいらしいおちゃめな感じでしたが、
    この絵本では芸術的であたたかみがあって、また違った魅力です。

    おつきさまはいろんな「おやすみ」を見守っていて、
    眠りにつく女の子も見守っている。
    女の子は、お父さんとお母さん、あたたかいベッド、絵本を読んでくれる声の心地よさ・・・
    いろんな愛に包まれて眠りにつきます。
    なんて幸せな眠りでしょう!
    自分でもびっくりするくらい優しい声で読めます。

    とはいえ、うちの息子(もうすぐ2歳)には、まだこの深い魅力は分からないようで、あまりリクエストがかかりません・・・
    一応読んであげればおとなしく聞いていますが。
    でも、親の私は気に入りました。
    私の勝手な意見ですが、お月様に思いをはせるって、女の子ならではの乙女チックな感情なのかなぁ〜。
    息子もいつか好きになってくれるといいな。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おつきさまはきっと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット