ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

そら はだかんぼ!」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

そら はだかんぼ! 作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年03月
ISBN:9784032400502
評価スコア 4.8
評価ランキング 271
みんなの声 総数 122
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 五味太郎さんの絵本の中で、一番のお気に入りがこの絵本です。どこまで脱げるのかしら?と大人でもわくわくする絵本でした。はだかんぼになってでてきたのは・・・!お風呂に入れるのに苦労しているお母さんも、思わず笑いたくなる絵本だと思います。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ありえない」がおもしろい

    図書館で五味太郎さんの絵本を探していて見つけました。長男はすぐにこの絵本を気に入り、他にもたくさん借りてきたのですが、この絵本ばかり繰り返し読んでいました。

    らいおんが実はクマで、クマが実はたろうくんという男の子という内容なのです。「ありえない」と大人は思いがちなものほど子どもは大好きですよね。

    たろうくんは五味太郎さんなのかな?(笑)

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん

    2歳の息子に図書館で借りて来ました。

    五味さんの絵本が大好きです。
    ライオンの着ぐるみを脱ぐと
    あれれ???くまになっちゃった。

    どこか笑ってしまう絵本でとっても面白いです。
    小さなお子さんでも楽しめると思います。
    おすすめです。

    ママの声が聞こえてきそうです。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんらしい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    最初のシーンから私も思わず笑ってしまいました。
    五味太郎さんらしいユーモアに富んだ絵本でよかったです。
    子どももお気に入りなようで1日に5回読む日もありました。
    お風呂、お着替えの気分が盛り上がるかも。
    万事がこの調子だとこの男の子のお母さんはたいへんでしょうがそれでもそれ以上にとても愛しいんだろうなーと思います。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもは食い入る

    五味太郎先生、あいかわらず、すごいなと思わされる絵本です。
    正直、大人である私は「これ、子どもが楽しめるのかな?」と疑問だったのですが、いざ読んでみると食い入るようにみています。
    子どもってはだかんぼが好きなんですね。
    後半、すっぽんぽんのページなるときゃーきゃー騒いでいます(笑)。
    あらためて子どもの感性は大人とは全く違うのだなと実感させられました。
    五味太郎先生の絵本はそういうものが多く、いつも「まいりました!」と思いながら読んでいます。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷり

    楽しい絵本です。
    文章も歌うようなリズミカルな感じです。
    裏表紙(表紙をめくったところ)からお話が始まっています。

    子供も「はだかんぼ、はだかんぼ」とお風呂の前にはこの本のことを思い出しているようです。
    何度も「読んで」と持ってくるので気に入っているようです。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん脱いじゃうのね

    絵本ナビで推薦されていたので、
    子育て支援センターで借りて読んでみました。

    きぐるみをきている子供が次から次へと脱いでいく様子は
    楽しくていいですね^^
    子供が一番反応したのは、
    「くつしたは、さきっぽひっぱりゃ すぽっとぬける」
    のところです。
    自分も靴下を脱ごうとするので楽しいです^^

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    さすが五味太郎!!

    この人の絵本はそれもみてもいい!!

    ライオンがお風呂に入るということで

    服などを脱ぐんですが

    たてがみをと脱いでしまうので、

    あれ?実はくまだった?と

    思いながら話をすすめていくと、さらに・・。

    読んで、確認してみてください!

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人もびっくり!

    • うさっこ☆さん
    • 20代
    • ママ
    • 長崎県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    こちらの絵本、表紙から見開き、最後の最後のページまでがつながったひとつのおはなしになっています。
    何度も読み返すとその面白さ、ページの中だけでは描ききれない前後の様子も頭の中に思い浮かび、より深く展開を楽しめると思います。

    私は保育士時代にクラスの子に読み聞かせておりましたので、展開を知っていて息子に読み聞かせをしたのですが、夫は全く先を知らずに読み聞かせをしたので息子と一緒になってびっくりしていました。


    大人はつい、すぽっと脱いでいく姿に目を奪われがちですが、意外と子どもの目に止まるのはサブキャラ(?)として登場するネコ。

    最後のお風呂のシーンで窓から覗く姿に「あっ、にゃんにゃん!」子どものほとんどが指さして嬉しそうに言います。

    息子も例にもれず、ネコの姿を見つけて嬉しそうに「ねこちゃん!」と指さしていました。


    どの絵本を見ていても思いますが、大人と子どもの目線は同じ絵本を見ていても全然違う。やっぱり絵本は奥深いですね。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脱ぐ脱ぐ脱ぐ脱ぐ

    大好きな五味太郎さんの絵本の中でも
    この本は特に母のわたしが大好きです。

    とにかく脱ぎまくりますw
    脱いで脱いで、また脱ぐ。
    どんどん変身していくのが面白くて
    娘はページが変わるたびに「あれ?」「あれ?」と言って喜びながら読んでいきます。

    最後にオチがあるお話大好きな方にオススメしたいです。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「そら はだかんぼ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / キャベツくん / かばくん / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(122人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット