十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

バムとケロのおかいもの」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

バムとケロのおかいもの 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784894232105
評価スコア 4.83
評価ランキング 128
みんなの声 総数 320
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 細部まで、ずっと楽しめます

    1才の息子にはまだストーリーは追えないのですが
    ページすべてが興味深いようです。

    ケロちゃんが顔を洗うシーンでは自分も顔をごしごしし、
    湯気のあがる黒いパンケーキを見ては「あら困った」という顔をして手であおぎ(冷ましている)
    市場で赤ちゃんブルドックが泣いているシーンでは、
    自分も泣きそうな顔をして、よしよしと頭をなでる。

    ページをめくるごとに一緒にする動作が
    どんどん増えてきて、「ああこんな動作もできるのね」と
    読み聞かせている親も楽しいです。
    こんな楽しみ方もあるんですね。

    それもこれも、子供興味をひくかわいい絵で
    細部まで書きこんでくださっているから!

    きっと息子がもう少し大きくなったら
    今度はストーリーも楽しめるんだろうし
    小さい頃から大きくなるまで、ずっと楽しめる本だと思います。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細々したものが好きな人にはたまらない!

    1歳10カ月の息子ですが、このバムケロシリーズが大好き!
    最初に読んだのが「にちようび」でしたが、このお買いものもとっても好きです。
    バムとケロがお友達と一緒に市場に行って、外食して、お土産かって…。女の人なら(男の人でも?!)絶対に楽しいはずの1日を見事に満喫しています。
    細部まで丁寧に描きこまれたイラストは見るところ満載で、子どもが読んでなくても私が読んじゃうほどお気に入り。
    特に今回はお店屋さんなので、細かい商品や食べ物の絵が本当にミニチュア好きの心をくすぐります。
    ただ、「にちようび」は出てくる登場人物も主にはバムとケロの2人だけで、ストーリーも「本を探す」ことがメインテーマなので、1歳の息子も最初に読んだ時から全文じーっと聞けたのですが。
    今回は登場人物がちょっと多めなことや、買い物に行った先々で色んなお店のエピソードがあって、若干息子には難しかったようです。
    3分の2くらいからは読み終わる前にページをめくろうとしたりするので、後半や文章量の多い部分はちょっとはしょって、最後まで読み聞かせてます。
    慣れてきて、ストーリーが全部わかればたぶん全文聞けると思うのですが。
    なので私的な見解としては「にちようび」の方が低年齢児には入りやすい気もします。
    でも、お買いものが好きな女の子ならこっちの方が好きなのかな??
    どちらにしても、バムケロシリーズ、親も子もハマりますね。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく楽しい♪

    月に一度のお買い物の日。うれしくて、ケロちゃんはいつもより早起きをして用事を済ませ、朝食の準備までしています。
    ついに市場に到着!とにかくいろんな楽しいお店がいっぱい!
    やおやさんでは、あれれ!?誰かが野菜をかじっちゃってます。その隣には不思議な動物のお店が!
    後、ゆかいなとびらの店が!とびらがあってすきなものを選べるお店♪
    ケロちゃんはあれもこれも欲しくてたまりません!
    最後に買ったフライパンが面白いです!
    わたしも欲しくなっちゃいました。
    次の朝、そのフライパンでケロちゃんがまた朝食を作ってくれます。
    楽しい蛙模様のパンケーキの出来上がり♪

    1歳10ヶ月の娘には早いかな〜と思ってましたが、毎日のように読んで〜と持ってきます。
    絵も可愛いし、物語も楽しくて隅々まで楽しめる絵本だと思います。
    親子で楽しめるのでお勧めです!

    掲載日:2010/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • カピバラじゃないかも・・・。

    シリーズで息子の一番のお気にいりがこの本。
    何故かというと、市場でカピバラを初めて見つけたのが息子で
    これをとても褒められたからのようです。
    小さい子がいろいろ発見できるように
    たくさん丁寧に描かれた絵はとても楽しいです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バムとケロのおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット