貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

バムとケロのおかいもの」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

バムとケロのおかいもの 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年02月
ISBN:9784894232105
評価スコア 4.82
評価ランキング 163
みんなの声 総数 325
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何度読んでも楽しいシリーズ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    バムとケロシリーズは我家の子どもたちの大のお気に入りの絵本です。

    覚えるくらい読んだと思うのですが・・・久しぶりに娘が読んでいました。すると・・息子もやってきて・・『この絵本大好き!』と読み始めるのです。

    絵本って・・いいなぁ・・って思う瞬間ですね。

    いつもはねぼすけで手をやかせてばかりの『ケロちゃん』がこの日は朝から大活躍!その訳は・・・『お買い物DAY』なんです!!

    子どもって・・今日○○の日っていうと張り切るからケロちゃん見てるとこどもと同じで本当に笑えます。

    買い物がまた楽しい。

    買い物って買うまでが本当にワクワクしますよね〜

    野菜売り場のかじりがけの野菜はやっぱりケロちゃんのしわざかな?

    ドア屋さんでは何度読んでも『このドアにしよう』と悩んでたいてい同じの選んでしまうから笑えますね。

    ケロちゃんのなんともいえない気ままさとバムのおろかさが本当に気持ちのいいコンビで楽しいです。


    ケロちゃんフライパン・・・本当に売っていればいいのになぁ・・
    『ナビショップにはないの?』って娘からの要望です。
    売ってないですか・・・?

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バムとケロのおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット