しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ゆかいなかえる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆかいなかえる 作・絵:ジュリエット・キープス
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1964年7月15日
ISBN:9784834000337
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,797
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何気に自然科学

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    梅雨っぽい絵本を娘と楽しもうと
    図書館から借りて来た一冊。

    題名も「ゆかいなかえる」だし、
    表紙の絵も「ゆかいなかえる」の絵っぽいし、
    軽い絵本だと思って読み始めたら、

    たーくさんのかえるの卵を魚が食べてしまうところから
    絵本は始まります。
    生き残ったタマゴはたった4つ。

    この4つのタマゴから、おたまじゃくしが出てきて、
    後ろ足が出て、しっぽが短くなって、
    あっという間にかえるに変身。

    かえるになった後も、さぎに食べられそうになったり、
    カメに狙われたり、
    でもそれをさらりさらりとかわして、
    みずくさとトンボの卵でお食事。

    何気に描かれているのは、自然界の食物連鎖と、
    タマゴから孵って、冬になると土に潜るカエルの生態。

    こんなに大事なことが、さらりと描かれていて、
    そしてすぅーと3歳の娘のアタマに自然に入っていくのは、
    すごいことです。

    自然界では食べ、食べられて生がめぐっていること。
    それで自然界のバランスが保たれていること。
    この自然のサイクルを、絵本を通してでも、
    幼いころから感じて生きていくことは
    とても大切なことだと感じました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然と知識も身につく

    絵本にしてはびっくりするくらいシックな色使いだと思います。
    だけど子供はこういった色使いの少ない絵のほうがぐっと集中して
    見入っているように思います。
    かえるの卵がかえるところから、緻密に描かれています。
    ページ数は多いですが1ページあたりの文章は少なく詩的な感じで
    とても読みやすく、心地がよかったです。
    かなりリクエスト回数多めのお気に入りの一冊となりました。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動きがチャーミング

    3歳の娘に読みました。
    買ったのは2歳のときだったんですが、そのときはまだページ数が多くて最後まで読めなかったのと、ページの色調が単調だったせいか娘があまり見てくれなくて。
    3歳になって成長したのか、最後まできちんと見ていられるようになりました。
    「これ、かえるさんの卵なの?」ととても不思議そうに見ていました。
    本当は実際の卵を見せてあげたいのですが、都会に住んでいるとなかなか・・・。
    かえるさんたちの動きがチャーミングで、私が読んでもおもしろかったです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうに遊ぶかえるたち

    3歳の息子が、図書館で自分で選びました。少し小さめのサイズの絵本なので、小さな子が自分で手にして開くのにぴったりのようです。
    4匹のカエルたちが、競争したり、かくれんぼをしたりと、楽しそうに遊びます。その活き活きとした姿が子供たちと重なって、とても微笑ましいです。
    かくれんぼの場面では、息子は「あ、ここと、ここと・・・」と隠れたカエルをみつけて、喜んでいました。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるのゆかいな生活

    カエルのおたまじゃくしから成長するすがた。
    カエルたちの楽しい遊び、一日の生活。
    4匹のカエルたちが、ほんとにゆかいに過ごしているかんじが描かれています。
    なんともかわいいイラスト、色合い。カエルの表情。
    今回は図書館でかりたのですが、ぜひ手元に一冊ほしいなあと思いました。
    表紙の裏のおたまじゃくしたちもとってもかわいいです。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひいらいた ひいらいた

    4匹のかえるさんたちが、「ひいらいた ひいらいた」と、手を繋いで

    輪になっているのがとてもよかったです。

    孫も園から行くしあわせ村プールでは、「ひいらいた ひいらいた」を

    やるので一緒に歌ってました。温水プールなので今は夏なのでしばらく

    は行かないのでちょっと懐かしかったです。

    水の中で無邪気に4匹となかよく遊ぶかえるさんたちが楽しそうでした

    おたまじゃくしから、かえるになる様子や、危険なめにあっていても

    4匹で知恵を出して協力して生きていく逞しさに勇気がもらえました。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエル好きの子にはぜひ!

    カエルに興味津々だった息子には、大ヒットでした!
    正直、最初はあまり面白くなさそうだなぁ・・・と私は思ったのですが、
    私の思いとは裏腹に、子どもはとても楽しそうに見ていました!

    読んでいるうちに、私も段々と楽しくなったのを覚えています。
    カエルの表情がまたいいんですよー!!

    カエルが葉の下に隠れる場面があるのですが、その場面になるときまって
    「○○ちゃんも真似してもぐって隠れてみたーい!」と言っていたのを思い出します。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう

    私はあんまりカエルが好きじゃなくて、まだデフォルメされてるといいんですが、これはまあまあリアルでちょっと…でも頑張って読みました。楽しく遊んで暮らして冬は眠る…いい人生ですね。楽しげなカエルの顔が印象的でした。4匹ともイキイキとしていて。聞いてる息子も楽しげでしたが、やっぱり私はちょっと…

    掲載日:2009/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のおかげです

    かえる好きな娘が大好きな絵本です。図書館でこの絵本に出会いました。娘が借りたいと言ってきたので借りました。私は正直、かわいくない絵だなぁ、とあまり興味がなかったのですが、読んでみるとけっこうおもしろいんです。かえるたちがとてもいい表情してるんです。話の内容もいいし、こんないい絵本に出会えたのも娘のおかげだな、と思いました。そして、この本は、表紙のかわいいとかきれいとかで本選びをしてきた私の考えを覆ししてくれた一冊です。

    掲載日:2009/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きているって素晴らしい

     水の中のカエルの卵。魚がやってきてパクッと食べた。でも4つの卵だけ流れていった。
     その4つの卵からかえったカエルの1年間の生活がユーモラスに描かれています。

     物語の途中で,鷺や亀がカエル食べようとしますが,カエルたちは,それさえも遊びにして楽しんでしまいます。

     躍動感に満ちた絵とリズム感のある文章。本当にユーモラスで楽しい絵本です。

     多くの命の可能性(卵)から,授けられた命を楽しむカエルたち。
    生きていることは,こんなに素晴らしいことなんだと私たちに語ってくれます。

    掲載日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆかいなかえる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / 三びきのやぎのがらがらどん / すてきな三にんぐみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット