おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
お正月に家族で読んで、ほっこり気分になれる絵本!

ゆかいなかえる」 大人が読んだ みんなの声

ゆかいなかえる 作・絵:ジュリエット・キープス
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1964年7月15日
ISBN:9784834000337
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,813
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かえるの1年間

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かえるの卵から始まってかえるの1年間が描かれた絵本です。
    お勉強になりますね。
    ゆかいなかえるとありますが、自然の中はやっぱり危険があるなと感じました。でもそれが自然なのですよね。4ひきのかえるはたしかにタイトル通り明るいです。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵〜冬眠まで

    4歳と7歳の子供たちと一緒に読みました。
    見開きの「おたまじゃくし」には、ちょっとビックリしましたが、カエルが卵から冬眠するまでが、分かりやすく描かれています。
    リズミカルな文章がとっても読みやすかったです!ロングセラーの1冊です。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩

    色彩が気に入ったのでこの絵本を選びました。楽しそうな空気が伝わってくる描き方がよいと思いました。かえる好きにはたまらない絵本です。おどけた表情、特に目の描写が良いと思いました。この絵本を読むことでどの様に蛙が成長するのかを自然に学べるのが良いと思いました。蛙の身体の色と蓮の葉っぱの色が微妙に違うのがセンスがあると思いました。

    掲載日:2010/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆シンプル☆

    歴史がある絵本のようで、派手さはないけどシンプルに楽しい絵本です。

    かえるの生活を描いたお話ですが、自然界にはとりやかめなど敵もたくさん。その敵からユーモアたっぷりに逃げたり、みんな仲良く遊んでいたり。
    大人から見ると大きな出来事はありませんが、読んでいると不思議と楽しくなってくる。
    1度は子どもに見せてあげたい絵本になりました。

    掲載日:2009/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!!!

    子供の頃に大好きだった絵本です。
    色彩は鮮やかではありませんが、線で動物の動きを生き生きと描かれています。
    とにかくこのかえるたちが、ゆかいでいい。
    食べられそうになったり、という設定も子供心にはうけました。
    うまく敵から逃げて「してやったり」というのが、良かったです。
    1歳の娘にはまだ早いけど、いつか読んであげたいです。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆかいなかえる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / 三びきのやぎのがらがらどん / すてきな三にんぐみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけに最適な水中絵本

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット