モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

11ぴきのねことぶた」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねことぶた 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年12月
ISBN:9784772100489
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,578
みんなの声 総数 94
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • にくめない11ぴきのねこたち!

    毎度の事ながらいかにも11ぴきのねこらしい、
    ずるがしこいのにまぬけでトホホなストーリー展開。
    ちょっとドリフ的な感じもありつつ。
    説教臭くないのですが道徳的な事も入ってますし
    笑えるユーモア盛り沢山。
    デザイン画のセンスもなにげにツボです

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶妙なキャラクター!

    親である私が生まれた頃に描かれた絵本のようですが,私は子供の頃にこのシリーズを読んだことがなく。。
    現在4歳幼稚園年少さんの娘が幼稚園で読んでとても惹かれているようで,絵本の内容を話してくれたりしています。
    そう考えると,40年近くも子供達に愛されている絵本なのですね!
    この11匹のねこ達,ユーモラスで絶妙なキャラクターですね(笑)。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいねこたち

    11ぴきのねこたちは、ある小屋を見つけます。
    かなり汚れていた小屋を掃除して住むことにするのですが。
    ある日、ぶたがおじいさんの家を探してやってきました。
    その家は実は・・・
    みんなで、その家の隣に丸太などでぶたに家を作ります。
    かなりの出来が良かったので11ぴきのねこたちが住むことにしました。
    しかし・・・

    ねこたちの要領のよさや、お話の終わり方など、とても気に入ってます。

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずるいっ

    11ぴきのねことあほうどりのお話が好きなので、こちらの本を読みました。
    なんともまあ、自由なねこさんたち。
    ずるいんだけど、なんかおかしくって憎めない。
    やりたい放題のねこさんたちの結末は。。。
    子どもにはあほうどりのお話のほうがわかりやすかったみたいでした。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるある!!

    11匹のねこたち、今回もまたずるいんですよ!
    こういうことって有るなっと思わせるのが
    このお話のすごいところです。

    お友達にプレゼントするつもりで買ったのに自分のものにして
    お友達には別のもの(少しランク下)にした経験のある私にとって
    とっても耳の痛い絵本でした(笑)

    人のものが良く見えたり、羨ましく思えたり・・・
    きっと誰だって有るんじゃないでしょうか。

    息子は「えええ!!ずるい、ずるい!ずるすぎる〜〜」と
    大騒動して笑い転げていました。

    数ある11ぴきのねこシリーズでも特に面白いです。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ達の心境が伝わる

    11ぴきのねこは、くるまにのってたびへでかけます。

    ひろいはらっぱをどんどんいくと、ふるいいえをはっけん。

    こんやはここにとまることに…。

    最初から最後までワクワクさせる様なお話の展開で、次はどうなっているんだろうと読みながら楽しい気分になりました。

    ねこ達の心境もすごく伝わってきました。

    共感出来る所もあったり。

    最後は「あらら〜」って感じでした^^;

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気ままなねこたち・・・

    ねこって、気ままな生き物ですが、このお話のねこも
    気ままを絵に描いたような(?)ねこさんたちでした。

    誰も住んでいない家を見つけて、自分たちの物にしたり、
    訪ねてきたぶたを追い返したり・・・・

    かと思えば、雨に濡れたぶたを家に招いてもてなしたり、
    ぶたのお手伝いをしてあげたり・・・・・

    そんなねこたちを相手に、ぶたは全てを分かっていたんだろうなぁって思います。

    私が気に入ったサイドストーリーは、ぶたの絵。
    最初は壁に掛かっていたのに、ねこたちに外され、
    その場所に、ねこの絵が掛けられちゃって。
    最後は、納まるべき所に納まっていたのが笑えました。

    台風を今ひとつ理解していない4歳の娘は、
    家が飛ぶのが??だった模様。
    「3びきのこぶたでも、木のお家は飛ばされたでしょ」と言うと
    納得していました(笑)

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニャゴニャゴ言っています

    年少さんの頃、11ぴきのねこシリーズにハマりました。息子が一番最初に読めるようになったカタカナは、ねこたちの泣き声の「ニャゴ」だったと記憶しています。

    文字数がやや多めのページもありますが、家が飛ばされるというオチも分かりやすく、小さな子でも親しみやすい内容です。シリーズをひと通り読んだところ、『11ぴきのねことぶた』の反応がピカイチでした。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で笑えます!!

    息子が11ぴきのねこシリーズが大好きで、こちらも購入してみました。真面目な絵本もいいのですが、こういった羽目をはずしたねこの絵本というのは、子供も共感しやすくていいと思います。実際子どももねこたちを見て「いけないんだ!」などと言わず、ニンマリしています(笑)ねこたちが勝手にぶたの家を自分たちの家にしてしまう箇所なども嬉しそうに聞いています。いたずら心に共感しているのでしょう。懲りないねこたちには必ずバツが与えられる・・・ドラえもんでいうとのび太のような感じでしょうか。人情味あふれるねこたち、けれどいたずら者、完璧でないところが親近感がわきます。11ぴきのねこたちは子供たちそのものなのかもしれませんね。
    あまり内容が複雑でないので、3歳ぐらいでも読めそうです。このシリーズは全巻そろえようと思います。絵本にとっつきにくい印象をもっているお子さんなんかにもおすすめです。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情がいいです

    おじさんの家を訪ねて11ぴきの
    猫たちにひどい扱いを受けても動じない表情の
    ぶたさんがいい味を出していました。

    また、家を一生懸命に作る11匹の猫たちが
    生き生きしていること。読んでいて元気が
    出てきます。

    なんだか最後には3匹のこぶたのお話を思い出しました。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねことぶた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / わにわにのごちそう / こびとづかん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット