もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

八方にらみねこ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

八方にらみねこ 作・絵:武田英子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1981年
ISBN:9784061272880
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,851
みんなの声 総数 12
「八方にらみねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 猫の恩返し

    このお話は身寄りのない子猫を拾ってくれたおじいさんおばあさんの家に恩返しをするねこのお話でした。その家が蚕を育てていたのですが、その蚕をネズミが食べてしまうのを一生懸命に止めようとしてもできませんでした。それで山に住んでいる山猫のもとに一年修行してネズミを退治するすべを得ました。義理堅いねこに感動しました。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちびねこみけの成長。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    今のこの時期になると思い出すのがこのえほん。
    昨年、年長さん最後のおはなし会で読み聞かせをしました。

    ちびねこのみけが、おかいこをねずみから守るため、
    山に修行に行くのです。

    助けてもらった恩返しにと、つらい修行をものの見事に耐え抜いて、
    「八方にらみの術」を会得した姿は、なんて凛々しいのでしょう!!
    真っ赤に燃える炎の中で、すごい形相で睨みつけるみけ。
    鬼気迫る姿に、惚れ惚れします。

    可愛かったねこが、ここまでりっぱに成長し、
    じいさとばあさのお役に立てる姿を見て、
    子供たちにも、その精神で自分の人生を頑張って生きて欲しいと思います。

    読み聞かせの練習の時には、当時1年生だった娘にも何度も聞いてもらい、
    にらみねこの絵を描くほど、娘も大好きになりました。

    私にとって、思い出深い絵本となりました。

    掲載日:2009/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「八方にらみねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / くだもの / めっきらもっきらどおんどん / ねないこ だれだ / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット