庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

だってだってのおばあさん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

だってだってのおばあさん 作・絵:さのようこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1975年
ISBN:9784577003039
評価スコア 4.75
評価ランキング 645
みんなの声 総数 63
「だってだってのおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人にお薦めしたい

    某通信教育のお薦め絵本にあったので借りてきました。

    「だってわたしは98さいのおばあちゃんだもの〜、そんなのムリよ」
    って98歳じゃなくても私使ってますよ(汗)
    「え〜ママには無理だよ。大人だもん」って・・・

    99歳のお誕生日をたったの5本のロウソクでお祝いすることに
    なったおばあちゃんは、すっかり5歳になって
    「だって私は・・・5歳だった!できるわ!!」って!
    すごいですよね!
    ほんとうにできちゃうし!!
    要は気持ちの持ちようなんでしょうね〜

    これは大人にお薦めの絵本だと思いました(笑)

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直の笑えた!

    • 海猿さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    子供達は絵本が大好き!
    とりあえず題名を見て内容を想像してます(笑)

    この絵本も恒例の題名から推測・・
    でも「だって だって・・」ってなんだろう・・??っと息子達。
    読み始めると、可愛らしい猫と98歳の元気なおばあちゃんの話で次男には難しそうでしたが、長男にはヒット!

    「だって5歳だから」にはニコニコでした。
    読み終わると「次は100歳になるのに〜」っと笑ってました。

    掲載日:2012/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヨボヨボおばあさんではなかった!

    6歳の娘と歳の娘に読みました。

    絵本は、98歳のおばあさんが99歳になります。
    5歳の猫と99歳のお誕生日会をしようとして・・・
    ちょっとしたハプニングがあり、99歳になったおばあさんが
    5歳のお誕生日会をすることになります。
    5歳のお誕生日会をした99歳のおばあさんが、
    5歳の猫と一緒に5歳らしく遊ぶ姿に
    99歳、まだまだこれから…と明るい気持ちになれる素敵な絵本でした。

    私の娘達は、5歳らしく遊ぶおばあさんと猫の様子に
    楽しく笑っていました。
    娘達にも元気なひいおばあちゃんがいるので
    リアルに想像したのだと思います。

    主人も子ども達に読み聞かせをして、
    自分のおばあちゃんを想像しながら
    主人自身も楽しんで読んでいました。
    おばあちゃんとも一緒に読みたいなと思いました。


    おじいちゃん・おばあちゃんと子ども達が
    一緒に遊べる機会がたくさんある社会になれば素敵だなと
    絵本を見て思いました。

    絵本のストーリーも楽しいです。
    5歳の猫も5歳の子どもみたいにかわいいです。

    4、5歳ぐらいの子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若さは気持ちから

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    前から気になっていた絵本。
    さっそく読んでみようとすると、二男が幼稚園で先生が読んでくれたと言うので、なおさら読むのが楽しみになりました。
    98さいのおばあちゃんがねこと住んでいて、ねこはおばあちゃんと何でも一緒にしたいのに、おばあちゃんはおばあちゃんだからとうんといってくれません。
    私はわりと何でも子供と一緒にするほうですが、正直言えば、やはり始めるときは(めんどくさいなあ)と思ったりしますが、一緒にやったほうが楽しいということがわかっているので、その気持ちをえいっと振り払います。
    子供はおばあちゃんが急に5歳になるというのがおかしいみたい。
    それに、ふたりのほのぼのとした関係が素敵ですね。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だってだってのおばあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / そらいろのたね / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット