だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

みんなでぬくぬく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

みんなでぬくぬく 作:エルザ・ドヴェルノア
絵:ミシェル・ゲー
訳:末松 氷海子
出版社:童話館出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年
ISBN:9784924938885
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,422
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙の動物たちのそれぞれの表情がなんともいえず 気持ちまで温かくなってくるようですよ。
    パステル調の色づかいの見返しが、トゲトゲのくるまっている毛布のようです。
    今年の冬(2010〜2011)は厳冬ですね。
    娘と二人おふとんにくるまって、この絵本を広げ、読み終えたら電気を消して「ぬくぬく ぬくぬく」と言いながら くっついて眠ります。
    娘もこの愛らしい小動物たちのくりひろげる物語をとても気に入った様子です。
    親も子も平和な気持ちになれる1冊です。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハリネズミのジレンマ

    『ヤマアラシのジレンマ』とか『ハリネズミのジレンマ』とか呼ばれますが
    本当は身を寄せ合って暖をとりたいのに
    自分が針を持つ毛並みなので身を寄せられない、
    でも上手に距離を保てばなんとかなるという例え話が内容です。
    (アニメの新世紀エヴァンゲリオンでも描かれていたテーマの一つですよね)
    絵本でははりねずみのトゲトゲとりすのクルミワリが
    身を寄せようと思っても痛くてうまくいかないので
    アンゴラウサギのフワフワが間に入って
    丸く収まります。
    3歳の子供には真意が理解できなかったのか、
    読む回数が少なく評価を低く付けてしまいましたが、
    もう少し上の年齢になったら感じ方が変わるかも知れないので
    もう一度読んでもいいなぁと思いました。

    掲載日:2010/03/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • あたたかーい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    寒い時、あたたまるにはひと肌が一番ですね!
    寄り添うと心情的にもあたたかくなれます。
    オチは予測できましたが、ハリネズミの針の問題はいったいどうなるのだろうと思いながら読んでいました。
    わたしもいっしょに寝たいなと思ってしまいました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒い冬に

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    二人とも母親の私とお布団でぬくぬくするのが大好きなので、
    この絵本に共感したようです。
    寝るときに読んであげると、心落ち着くのか、安心して眠ってくれます。
    私はハリネズミの申し訳なさそうな表情が大好きです。

    掲載日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3人寄れば文殊の知恵?!

    リスとハリネズミとアンゴラウサギの話です。

    リスの家のストーブが壊れてハリネズミの家に暖を求めに行くと、
    ハリネズミの家のストーブも壊れていて...
    2人で寄り添って寝ようとするのですが、ハリネズミの針が痛くて
    眠れない、でも近寄らないと温まらないというジレンマに陥る2匹。
    そこで3匹目のアンゴラウサギの家に行くと、なんとそこには
    ストーブすらない... という話です。

    友情のあり方を教えてくれている心温まる絵本だなと思います。

    この絵本で好きなところは、誰も、助けを求めてくる者を拒まない
    ところ。
    そして、2人で問題解決が出来なくても、第3者が解決してくれると
    いう人間関係のあり方のちょっとしたアドバイスが盛り込まれている
    ところ。

    あとは、(人生の日々を若干積んできたからでしょうか)、リスが暖を
    求めてきて快く迎え入れるハリネズミですが、求められても報いたい
    のに上手く廻らないところが、ちょっとだけピリっとスパイスの効いた
    人間関係のニヒルさが感じられ、 私はそこも好きです。
    (素直じゃないかな?!)
    でも、そこがまたストーリーの展開として絶対不可欠なんですよね。

    子供に友情のよさを伝えるのによい本です。
    お薦めです。機会があれば是非お読み下さい。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みんなでぬくぬく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット