まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

もりのひなまつり」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

もりのひなまつり 作・絵:こいで やすこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年02月
ISBN:9784834016543
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,682
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お雛様の出張

    伝統的なお話や由来とかではなく、森のねずみ達の雛祭り・・・。
    しかも人間のお雛様が、ねずみ達のために森まで出かけて、お祝いをしてあげるという、一風変わった雛祭りのお話でした。

    『雛祭りは、女の子みんなのための行事』
    そんな風に考えて、お雛様は、ねずみ達の願いを叶えてくれたのかもしれないですね。
    お雛様の優しさに、気持ちが温かくなります。

    もうひとつの見どころは、ねずみばあちゃん。
    子ども達の願いを叶えたいと思いつつも、人の大切なお雛様を勝手に持ち出すことを終始心配している様子が、良識ある感じでいいなって思いました。
    そして、ねずみばあちゃんの心配が的中!

    でも、大丈夫。
    いざとなると色々な経験を生かせるのが、おばあちゃん。
    落ち着いた対応が、見事でした♪

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • そろそろ時期なので

    そろそろお雛様の時期なので、読んでみました。
    絵がいいですね。
    お雛様のお顔も、衣装も、正統派の純和風という雰囲気です。
    おしとやかな外見ながら、森へ出かけていったりするので、面白かったです。
    最後、ひな壇に飾られたお雛様は、豪華です。
    七段飾りなんて、幼稚園かお店でしか見ていないので、本当に豪華だと思いました。
    なかなか家庭では難しいのですが、憧れますね。

    ところで、この絵本では姉妹で一つのお雛様の様子です。
    地域によっては、女の子一人ずつに、それぞれのお雛様という場合もあるのですが、姉妹共用もいいですね。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • ひな祭りの時期にぜひ!

    幼稚園の読み聞かせ会で、2月末に読んだ絵本です。

    ねずみが住むお宅のおひなさまは、シーズン以外の季節は箱に入れて天井裏にしまわれたまま。
    ひなまつりが近づいてきたある日、ねずみは、森の動物達からおひなさまを森につれてきて欲しいと頼まれます。
    喜んだのは、おひなさまたち。張り切って森へ出かけます・・・。

    こいでやすこさんの絵はふんわり優しげなんですけれど、お雛様たちはかなり写実的に描かれていて、リアルです。
    お内裏様、お雛様、三人官女、・・・のご一行たちがぞろぞろ森へでかけてひな祭りをする様子はなかなか面白いです!

    でも、普段は家の中で大事に大事に扱われているお雛様たち。
    土の上を歩いたら、あんなことになるのは仕方ないですよねぇ・・・。
    でも、さすがなのはねずみさん!
    着物の扱いも、お人形のお化粧にも長けているとは!!

    ひな祭りの楽しさがよく現れている絵本です。
    お雛様を愛でながら読むと、一段と臨場感がでそうですね。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひな祭り絵本おすすめベスト1

    ひな祭りの季節にぴったり合った絵本を探していたときに、一番子どもの反応がよかった絵本です。
    お雛様たちの絵も昔の伝統的なイメージを崩さず、そしてかわいらしいのです。
    のねずみたちもこの絵本の中では大事な登場人物です!

    家で年に一度しか登場しないお雛様たちも・・ほんとうは箱の中だけでなくてこんな風に冒険したいと思っているのかもしれないね!
    と娘も話していました。

    もしかして・・のねずみたちと一緒に出かけているのかもよ!?と話すとエー!!と驚きつつも嬉しそうに雛人形を眺めていました。

    内容は5〜6歳くらい向けかなと思います。

    私の中でベスト1のおひな祭り絵本です。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もりのひなまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット