アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

かしこいビル」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かしこいビル 作:ウィリアム・ニコルソン
絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:松岡 享子 吉田 新一
出版社:ペンギン社
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年
ISBN:9784892740213
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,005
みんなの声 総数 47
「かしこいビル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 味がある

    絵、文章、字体。全てに時代を感じる、味わいのある絵本です。
    ビルが忘れられてしまった時の衝撃と悲しみ、その後全力疾走で追いかけるビルのスピード感が伝わってきて、まるで映像を見ているような気分になりました。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしこい!

    おばさんの家に行くのに、いろいろと必要なものがある。けがわのついたてぶくろや、ふえや、くつやティーポット、それからもちろんかしこいビル。
    なんと!かしこいビルはあれこれやっているうちにいれわすれてしまうのです。ビルは泣きに泣きます。涙が水たまりになるくらいに。
    ビルがすごいのは、諦めずにおきあがって、はしって、はしって、とうとうドーバーえきでメリーに追いつくのです。かしこいビル!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもより私がうけました!

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     とっても懐かしい感じのする、温かい挿絵が、大のお気に入りです。お話は、主人公メリーが旅行かばんに入れ忘れた兵隊のお人形、ビルが、メリーを追いかける、というだけなのですが…。

     旅行に連れて行ってもらえると聞いて、シンバルを打ち鳴らすビル。かばんに入れ忘れられて、水溜りができるほどの涙を流すビル。列車を追いかけて颯爽と走り出すビル。ビルは一言も言葉を発することはないのですが(人形なので…。)その所作が、雄弁に気持ちを物語っています。文章よりも、むしろ挿絵の隅々に描かれたユーモアを読んでいくような絵本かもしれません。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外にナンセンス

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    クラシカルな絵に手書き風の文字がいい雰囲気をかもし出している絵本です。
    正統派のおはなしかと読み始めてみると、意外にナンセンスな内容で驚きました。
    メリーが持っていきたい荷物をスーツケースにおさめようと、試行錯誤する様子が楽しいです。
    ビルはあちこちに無理な姿勢で詰められた挙句に忘れられてしまうんですもの。泣きたくもなりますよね。
    でもそこで泣き寝入りするのではなく、颯爽とメリーを追いかけるビル。果たして二人の運命やいかに?!
    絵といい、文字といい、内容といい、とにかくユニーク。これ大好き!な人がいる一方で、ちょっと受け付けない・・・という人もいそうな絵本だと思いました。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かしこいビル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット