大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

かしこいビル」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

かしこいビル 作:ウィリアム・ニコルソン
絵:ウィリアム・ニコルソン
訳:松岡 享子 吉田 新一
出版社:ペンギン社
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年
ISBN:9784892740213
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,099
みんなの声 総数 45
「かしこいビル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 古典的な良書

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ウィリアム・ニコルソンの1926年の作品。
    彼は、実娘のメリーのためにこの作品と、「ふたごの海賊」の2作を描いています。
    特に、この作品は、イギリスの絵本史上、歴史的価値ある作品として位置付けられているとのこと。

    表紙を見て、バートンの作品かなと思って手に取ったのですが、確かに、この作風は多くの絵本作家に影響を与えたのは間違いないでしょう。
    既に、一世紀も前の作品となろうというのに、決して色褪せたものではありません。

    物語は、主人公のエミリーが、おばさんから招待の手紙を貰うシーンから始まります。
    それからが大変。
    持っていく荷物を纏めるのですが、あれやこれやで、トランクに収まりきりません。
    こうした行動って、子供にはありますよね。
    特に良いのは、登場するおもちゃのリアリティ。
    メリーが所有していた実物を描いたとのことなので納得です。
    そこで登場するのが、近衛兵の人形のビル。
    トランクに入れ忘れられてしまい、泣き伏してしまうのです。

    それからのスピード感のある展開が、この絵本の一番の見所でしょう。
    擬人化した人形と人間とのやり取りには、やはり惹きつけられてしまいました。
    人形と人形の関係を、実に丁寧に描いているのに好感が持てます。

    古典作品で、良い味わいを醸し出している作品です。
    絵本を考える上でも、貴重な一冊と言えそうです。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 置いていかれたビルが、走る!走る!!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    メリーは、おばさんの家に泊まりに行くため、トランクにおもちゃを詰め込みます。
    でも、詰め過ぎで試行錯誤するうち、大切な兵隊の人形・ビルを入れ忘れてしまい・・・。

    よく名作として紹介されており、もう少し長くて固いお話かと思っていましたが
    むしろ文章は短く、走るビルの疾走感あふれる、ユーモラスなお話で
    息子も「結構面白いじゃん。もう1回!」

    私も「かしこいビル」がいちいち可笑しかったです。
    兵隊なのに、泣きすぎでしょう!
    シンバルを手にはめたまま、汽車よりも速く走っちゃうの?
    急いでいたのに、花束を用意していたなんて、紳士すぎるでしょう!

    素朴な手書きの文字と独特な絵は手作り感がいっぱいで
    作者の娘さんへの愛情が伝わってくる気がします。
    3歳くらいのお子さんから、園児さんにおすすめです。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 初めて読みました

    名作と知っていましたがなかなか読む機会が無く図書館で見つけて読んでみると、、、お話も短くて読みやすいです!リズムよく駆け走るビルの姿が面白いし、こんなにもわくわくするお話だったのかとおもいました。もっと長くて難しい感じかなと思っていたけれど。これなら2歳の次男もお気に入りで読んでいます。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度読んだら忘れられない

    強烈に印象に残る絵本です。一度読んだら忘れられません。
    ある日メリーのところにおばさんから遊びにいらっしゃいと招待状が届きます。メリーは自分のもちものをトランクにつめて出かけようとするのですが、なんどやってもトランクに入りきらず、ぜったいに外せない兵隊人形のビルを忘れてしまいます。
    がっくり肩を落とし、床に水たまりができるほど号泣するビル。でもビルは諦めずに起き上がって走り出します。そのすさまじい姿はちょっと笑えます。
    そしてメリーに「かしこいビル!」と褒められるビルは、とてもかっこいい。
    訳者による解説もとても興味深かったです。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本です

    絵がとても面白いです。
    娘が一人で読んでも理解できるとても楽しい絵本です。
    よく、なんと、なんと!と大きい声で読んでるのが聞こえてきます。
    トランクにつめて、入れ替えて、というシーンでは、どこに何が入っているのかチェックしたり、ビルが走っているシーンもメリーに追いつこうと必死になっているのが伝わってくるし、読むだけではなく目で見てもとても楽しめるよい話だなと思いました。

    掲載日:2013/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビルみたいだと本当にうれしい

    • ちっちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    お話は女の子がおばさんの家にお泊りに招かれて大事な荷物をつめて、出かけます。ところが大切な宝物のビルという兵隊さんの人形を忘れてきてしましました。ところが、ビルは自分で女の子が旅をしているところまでやってきてくれたというものです。
    最初はなんだかわかりにくい気がしましたが、何度も読むうちに女の子がどんなにうれしかっただろうと思うと本当にビルはかしこいと思いました。小さいころに大事にしていつもそばにいてほしい友達のような宝物、その存在を思い出させてくれた親のためにもなる絵本だと思います。

    息子はなんとなくわかりづらかったようですが、また、機会を見てよんでやりたいと思います。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かしこいビル」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット