庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

だじゃれどうぶつえん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

だじゃれどうぶつえん 文:中川 ひろたか
絵:高畠 純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784871101325
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,181
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと早かった

    お話が大好きな3歳の長女に読みました。
    普段からよくおしゃべりしますし、しりとりも大好き。
    言葉遊びも好きな子なので、この絵本も気に入るかなーと思って図書館で借りてみたのですが・・・。

    ちょっと難しかったです。
    だじゃれを理解するためには正しい言葉を知っていないといけないですが、そこがまだ理解できていないものもあって。
    だじゃれの面白さもちょっとわからなかったようです。
    早かったですね。もう少し大きくなったらまた読んでみます。

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそび

    • かめずさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子0歳

    だじゃれのオンパレード。くだらないといえばそれまでですが・・・(^^)
    娘が3歳の頃、図書館で借りて読んできて気に入り、すぐにいくつかを覚えてしまいました。その後も何度も借りたので、結局購入しました。
    言葉遊びってホント面白いなーとわからせてくれた本です。

    今ではすっかり、家族の会話の中に、この本のだじゃれも娘が自分で頭をひねって考えただじゃれも溶け込んでいる我が家です。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とダジャレのコラボ

    なんとも寒い親父ギャグに、
    お世辞にもうまいとはいえない絵・・・(すいません)。
    このなんともいえない相乗効果で、おかしさ倍増となるから不思議。
    噛めば噛むほど味が出るような本です。
    初見で私はくりだされるギャグに、
    わらうより「すげえなぁ」を連発。
    娘はといえば、このダジャレの味が理解できずに
    「わからん、わからん」といいながら
    嵐のようにページをめくっていました。
    なんともったいない。
    娘にはもうすこしダジャレの特訓をしてから挑もうと思っています。

    掲載日:2008/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だじゃれどうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット