もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

だじゃれどうぶつえん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

だじゃれどうぶつえん 文:中川 ひろたか
絵:高畠 純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784871101325
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,240
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ぞうっとするぞう」「ひっくりカエル」「おおきなモモンガどんぶらこ」など、動物と日常会話をコラボしたダジャレが満載の1冊でした。うちの子はダジャレがまだよくわからなかったようですが、もう少し言葉遣いがわかってくるようになる年齢になると、面白くなりそうです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • パパがはまってます

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    パパがこのダジャレシリーズが大好き!
    なんとか娘にも、ダジャレのおもしろさを伝えたいために、パパが図書館で借りてきました。

    早速、読んでみましたが…。
    パパは大うけですが…。
    娘には…。
    どうも言葉のおもしろさが伝わらないようでした。
    パパはガッカリ。
    でも、もう少し大きくなったら、分かるようになるかもと、このシリーズをセットで買おうと言い出しています。

    私はそれほど、ダジャレは好きではないのですが、やっぱり男の人は好きなのでしょうか?
    もしかしたら、男の子だったら、もっとうけてくれたのではないかと思っています。

    この絵本のダジャレは、よ〜く考えられていて、「親父ギャグ」ではなくて、本当に言葉を楽しめるものです。
    笑うよりも、「おもしろ〜い」と感心してしまいました。(ダジャレ絵本は冷静に読んではいけませんね。)
    それに、絵とダジャレがマッチしているのもいいです。
    親父ギャグを連発しているお父さん!ちょっとこの絵本を読んで、ダジャレを勉強してはいかが?

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だじゃれどうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / そらまめくんのベッド / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



困っているぼくのところに本物の神様が!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット