だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

だじゃれどうぶつえん」 大人が読んだ みんなの声

だじゃれどうぶつえん 文:中川 ひろたか
絵:高畠 純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784871101325
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,178
みんなの声 総数 56
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だじゃれ 笑える〜

    学童の子どもたちに読んであげたい! 
    中川さんも ニンマリ笑いながらこの作品作ったのでしょうね
    高畠純さんの絵もおもしろくて ピッタリ! 二人のコラボが良いですね!

    さい 「5さいです」 「さいですか」 関西弁がいいです
    だじゃれを どうぶつに見立てて よくかんがえたな〜

    しまうな(しまうまと 泥棒 ) 笑える〜

    だじゃれって なにかしら おもしろくて、楽しめるんです 
    ユーモアがあって  今はやりのギャグも そうしたユーモアの心が 生んだものでしょうね

    だじゃれ いつまでも みんなが楽しめるもので〜す

    子どもたちと一緒に 楽しみたいです 

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が素敵!

    動物の登場でひさしぶりに動物園に行ってみたくなりました。だじゃれ満載で、だじゃれと絵がとてもマッチしていて長年連れ添ったご夫婦のように寄り添っていて魅力を感じました。色彩もすっと目に入ってきてとても気に入りました。ゆっくり、ゆっくりの孫には、「???」になってしまうかもしれないですが、短い文章なので、ひらがなを覚えたての孫だから一文字一文字を丁寧に読んでくれるかなあって思いました。

    掲載日:2015/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれシリーズ

    以前にも同作者によるだじゃれシリーズを読んだことがあってとても素敵な絵本だったのでこの絵本を選びました。どのページもとてもすっきりしたダジャレで清々しい気分になれました。明るいエネルギーを持った中川ひろたかさんから吐き出される偉大なパワーを持った素晴らしい言葉のセンスの絵本だと思いました。私が一番気に入ったのはオランウータンのページです。絵がとても言葉と合っていて大笑いしてしまいました。他のシリーズも是非読みたくなりました。

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だじゃれどうぶつえん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / だるまさんが / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット