もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ありこのおつかい」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ありこのおつかい 作:石井 桃子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1968年12月
ISBN:9784834001730
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,841
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後にはほっとするものを感じました。

    「おなかのかわ」や「ランパンパン」などを思い出しつつ読みました。

    どんどんと飲み込まれていくというのは、昔話の定石でもあり、ドキドキしつつもどこか安心して読むことができるように思いました。

    石井桃子さんのお話であることから語りやすい日本語でもあり、息子はどんどんと引き込まれていったようです。

    ありこちゃんの性格設定や飲み込んでいく動物たちの性格もすべてが巧みに作られていますが、作られているという感じはなく、自然に心に入って来ました。

    昔話と現代的な要素が巧みに融合されているというのでしょうか、最後にはほっとするものを感じました。

    なかがわさんの淡く美しい色遣いの絵もとてもよかったです。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 次から次へと

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    ありの巣観察にハマっている娘に読み聞かせてみることにしました。
    ありの話というより、次から次へと色々な生き物がが登場してくることになり、想像していたのとは全く別のストーリーだったのですが、これはこれで、こどもにはうけていました。

    掲載日:2013/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキしました

    ぼくはおつかいをしたことがありませんが、おつかいってたのしそうだとおもいました。

    ありこちゃんがのみこまれたところは、ドキドキしました。

    「ばかあ」ってさけぶのがおもしろかったです。

    のみこまれたどうぶつたちの、ことばもおもしろかったです。

    やまぶとうのじゃむがおいしそうだとおもいました。

    ぼくもたべてみたいです。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありこのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット