ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ありこのおつかい」 大人が読んだ みんなの声

ありこのおつかい 作:石井 桃子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1968年12月
ISBN:9784834001730
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,842
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しい色

    優しさに溢れている表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公のお使いを通して自然界の厳しさと未知数を感じる事が出来ました。食べる事と食べられるという食物連鎖を自然と学ぶ事が出来る絵本でした。主人公は自分に危険がせまってもたじたじせずに堂々としている所が逞しいなと思いました。そして、どんな条項でも自分の意見を持っていて尚且つ声に出して自分の気持ちを伝える所が素晴しいなと思いました。主人公の魅力に魅せられる絵本でした。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 101歳の石井桃子さん 素晴らしいですね
    石井さんのお話は お話しもおもしろく読みやすい文章です
    おかあさんに お使いを頼まれた  ありこ お母さんは道草をせずに行きなさいと言ったのに   ありこはそんなこと聞いていません
    道草しているうちに かまきりの きりおに 飲み込まれます お腹の中の表現がおもしろい(なかがわ そうやさん)
    つぎつぎ出会うたび 飲み込まれていくのです  
    ばか とんちきめ  うるさい だまれ! わるもの! ・・・・ 

    お腹の中に飲み込まれても みんな 大きな声で 叫ぶところがなんともユニークです

    くまのおかあさんが くまきちの おしりをぽんぽんたたくと なんと くちから 飛び出してきたのです
    そして いちばんちいさな ありこがとびだしました  くまのおかあさんは ケーキやはちみつ などをごちそうしてくれました なんだか おはなしが おもしろく 安心できるんです     石井桃子さんのお話し 良いですね〜
    そして ありこは くまのおかあさんに うちまで送ってもらうんです

    ちいさなありこ おおきなくまのおかあさん  対比の仕方がうまいです

    ありこも あばあさんにくさのみ届けて   今までのことを反省しているようです
    お母さんの言うことを 素直に聞くようになったのかしらね

    掲載日:2016/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきなべんきょう

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     ちいさなアリのありこ、本の中でもやっぱり小さいなぁ。
    でもおばあちゃん家へ木の実とどける、お母さんの大事なおつかいだ。
    見ている方が心配になるくらい、小さいけどがんばれー
    と思ったら、あっちゃー・・・カマキリに・・・。
    まちがってごめんなさいって、あやまったぞ!
    なのにカマキリったら・・・。
    ありこも思わず、悪態のことば、口をついてもれたか・・・
    ケンカの火ぶたは、こんな風に始まるものです。
    続く、続く、悪態のマトリョーシカ、怒りの連鎖。
     火を消したのは、クマ母さんのお叱りでした。
    母の愛は悪態をもしずめるおしりぺんぺん。
    そして小さなありこは、最後もちゃんとごめんなさいと言ったね。
    感心、感心。ありこのお母さん、大したものです。

     小さくても、こうやっておおきなべんきょうするんだなぁ。
    すてきなお話、すてきな絵に、感謝。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリーの展開がおもしろい!

    タイトルから童謡の「おつかいありさん」をイメージしていたのですが、
    寄り道をした ありこちゃんが食べられてしまう!!
    そこからの展開がどうなることか。。と思うと、
    くりかえしのようでありながら、
    怖さも感じず、話が広がっていく。
    そして最後のくまきち。
    そして ありこちゃんと くまきちのおかあさんとの会話が
    とても良いです。
    よそのお子さんたちであっても
    対応が上手だなと感じました。
    おつかいがテーマというより、
    寄り道をしてはいけない、
    いけない理由や 反省、
    そして大人の対応。。
    このお話から 子供たちの感想や反応が
    聞いてみたくなりました。

    掲載日:2016/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ありこのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット