貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いっすんぼうし」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いっすんぼうし 作:石井 桃子
絵:秋野 不矩
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1965年12月1日
ISBN:9784834000511
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,534
みんなの声 総数 41
「いっすんぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まずはこの本

    お話の言葉が昔ながらのかんじなので
    3歳の息子が分かりづらいところは
    末尾を言い換えて話しました。

    しかし想像が膨らむ絵は圧巻だと思います。
    濃淡のある、迫力のある、親でもこんなお話だったかなと
    思い出しながらとても入り込める絵ですね。

    まず初めに読んで良かったです。
    子供も迫力に圧巻でした。
    何度も読み返してあげたいです。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番で、絵がすばらしい

    3歳11ヶ月の息子に図書館で借りました。

    ストーリーは定番の一寸法師といったところ。
    そして、なんといっても絵がすてき。
    構図も、日本的なテーストも、息子にいろいろ感じてもらいたいと
    思いました。
    息子も楽しかったようです。

    定番すぎたので、今度はちょっと毛色のかわった一寸法師を読んでみて、
    比べてみたいです。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上品な文章と絵

    鬼退治の話に興味津々の息子に読んでやりました。

    絵が一見地味に見えますが、姫の上品さ、鬼のいかつさなどがよく感じられる味のある絵です。息子は固唾をのんで見守っていました。

    文章も上品で、私のイメージする昔話そのものの絵本でした。

    掲載日:2011/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いっすんぼうし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット