庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ふしぎなたけのこ」 大人が読んだ みんなの声

ふしぎなたけのこ 作:松野 正子
絵:瀬川 康男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年09月
ISBN:9784834000689
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,545
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 元気な男に、育てよー

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     誕生日に筍ご飯、といえば端午の節句だね。
    瀬川画伯の絵が躍るわ、吠えるわ、魅せるわ、ワクワクします。
    天を貫いてぐんぐん伸びる筍は、もう子どもではないくらいに伸びて、
    ずどーんと倒れた先がなんと、海!
    100年このかた尋ねることもなかったという山奥の村人にとって
    まるで専用道路ができたようなもの。
    たろの誕生日は、山と海をつないぐそりゃあ目出たいものになったね。
    ひょっとして、これが端午節句の始まりなのかなあ。
    とても興味深い、絵本でした。
    松野正子さま、感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても勢いがある

    どんどん伸びる、たけのこと一緒で、このお話は読み手をぐんぐんひっぱっていきます。のんびりした昔話ではありません。
    こんな奇想天外で勢いのあるお話をささえている絵。とっても良かったです。小ぶりながら横長い紙面を上手く使っていて、尋常でないたけのこの大きさがひしひしと伝わってきました。
    そして、思いがけないラスト。今は、山に住んでいても海のものも食べられますが、それってありがたいことだなって、改めて思った次第です。
    長く読まれてきただけあって、おもしろい絵本でした。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。タイトルにも魅力を感じました。主人公が自分の誕生日の為に一生懸命に行動している姿に感動しました。主人公の思いの強さが素晴しい結果に導いたのだと思いました。貝や昆布の文章の描写がとても魅力的で気に入りました。主人公のお陰で村に繁栄が訪れて本当に良かったと思いました。

    掲載日:2010/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1972年 こどものともの絵本が 我が家の本箱からでてきて懐かしく 読んでみました。

    たろが お母さんにたのまれて たけのこ掘りにいったら、上着を掛けたら・・・なんと ぐんぐんのびて・・・・
    話の展開がおもしろい!

    瀬川さんの絵は人々の動きや 表情が伝わりお話をさらにおもしろくしているんです

    お話もリズムがあって声を出して読むとおもしろいです。

    なんと たけのこを伝わって走っていく 姿がなんともおかしい
    海を知らない人たちが 初めて海の水をなめた時の顔

    本当に初めて海を知ったら どんなに感動するかが人々の表情でよく分かるのです

    貝や こんぶ かに さかな 当たり前な今の私たちには ちょっと想像できそうにありません

    たけのこのおかげで 世界が広がったんですね
    昔の人々の生活が発展してめでたし めでたし

    たろも 嬉しいでしょうね!
    私も 何かしら 嬉しい気分です!
    昔話のおもしろさを 味わえました

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たけのこが教えてくれたもの

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    山の奥の奥の村の、むかしむかしのお話。
    今日はたろの誕生日。山の奥の奥の村には、魚も昆布もない。たけのこが、みんなのおおごちそう。おかあさんに掘ってきておくれと頼まれ、たろは竹やぶに行きました。
    たけのこを掘るうちに暑くなって、上着を脱ぎ、一本のたけのこにひょいとかけたとたん、たけのこがググッとのびました。上着を持っていかれては大変と、たけのこに飛びついたら、またぐぐっと伸びました。そのまま、たけのこは、ぐんぐん、ぐんぐんと大きくなっていきました。
    ちょっと地味な絵ですが、白黒とカラーが交互に描かれています。また、たけのこの長さを強調するために、絵本を縦にしてみたりと、色々な変化を経験することができます。
    長いこと、海を知らなかった村の人々が、たけのこのおかげで海までの道を知ることができるとは、なんて素敵な出来事なのでしょうか。そして、伸びていったたけのこの長さ、全く想像を絶する領域です。
    本当に、不思議なたけのこです。

    掲載日:2009/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふしぎなたけのこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / おおきなかぶ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット