あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

りんごのき」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

りんごのき 作:エドアルド・ペチシカ
絵:ヘレナ・ズマトリーコバー
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1972年3月10日
ISBN:9784834003345
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,741
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 例えればスルメのような本です!

    雪が降った翌日に、急におかしな棒の様な“りんごのき”を発見し興味を持ったマルチン。彼の目を通した冬・春・夏そして実りの秋の移り行く季節の中でのりんごのきの様子が描かれた本です。

    この本は、全頁右側にまるで絵葉書を置いたかのように絵が描かれていて、どのページにもマルチンとりんごのきが出てきます。マルチンの家の塀越しの風景が、ある時は家だったり、ある時は森林だったり、ある時は畑だったりと変わることに何回か読んでいると気付き、これって矛盾している?! こんな統一性がなくていいの?と初めは思っていましたが、ある時、裏表紙を見て謎が解けました!
    この本は、3地点からのりんごのきの1年を追っていたのでした!
    そんな絵本の命でもある絵に奥深さ(トリック)があります。

    また、何よりも小さなマルチンがりんごのきに興味を持ち、そこから愛情が湧いて世話をしたり、心配をしたり、また扱い方を学ぶところが、小さな子供の体験を通しての知識を得るという教育の理想な姿が描かれており、ウチの子もこういう風に育てられればいいなぁと羨望します。

    3歳の息子に初めて読んだ時の反応は、ピンときていない感じでしたが、何回も読み込んでいくと、きっと彼のお気に入りの1冊になる!と予感しています。きっと、食べ物で例えればスルメのような本かもしれません! じっくり派におすすめです。

    掲載日:2008/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「りんごのき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット