もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

はじめてのおつかい」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

はじめてのおつかい 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784834005257
評価スコア 4.87
評価ランキング 36
みんなの声 総数 459
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

62件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • どきどきのおつかい

    私も子供の頃に読んだ記憶があります。
    3歳の娘に読みましたが、最初は絵がちょっと古臭いかな、と思いました。
    でも長く読み継がれ愛されている本はやっぱりいいですね。
    娘もすっかり大好きな絵本になっています。
    ちょうどお手伝いをしたい年齢なのでよかったのでしょうか。
    恥ずかしくて大きな声で「ぎゅうにゅうください」が言えず、なかなか大人に気付いてもらえない・・・
    娘もドキドキしながら聞いていたようです。
    無事におうちにたどりついた時はホッとしていました。
    私と同様、大人になっても心に残る1冊になってほしいな、と思います。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • この臨場感がたまらない

    はじめてのおつかいの緊張感がひしひしと伝わってきます。
    まるで自分の子をおつかいに出した気分。
    おかあさんが坂の下まで迎えに来た気持ち、とっても分かります。

    長女はこの本が小さい頃から好きでした。
    まだ字が読めない3歳頃からセリフを全部暗記して、
    自分で読めるようになってしまったんです。
    ドキドキして、安堵しての繰り返しが心地よかったのか、
    何度も何度も飽きずに読んでいました。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子で大好き

    • かはさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    この本は私が小さい頃大好きだった本だったので、3歳の娘に読み聞かせました。
    引っ込み思案の娘なので、みいちゃんが勇気を出して「ぎゅうにゅうください」と言う時の気持ちがよくわかるようでした。
    この本のおかげで、なかなかできなかったお返事も頑張ってできるようになりました。
    子供の心理がよく描かれていてすごくオススメの本です!!

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親近感がすごい!

    絵本クラブ対象

    • のなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    いつか、読んであげたいな・・・と思っていた本です。


    ページを開くと、「ああ、なつかしい」。
    私自身が子どもの頃の「おうち」が広がっていました。「まま」の服装とか、お台所の様子とか・・・・。
    これは、子どもにはリアルが感じられないかも?と思ったのですが、この絵本が届いた日から、毎日何度も読み聞かせをせがまれています。


    牛乳を買いに行くというのが印象的だったらしく、「牛乳の本、読んで」と頼みにきます。


    読み終わった後に「おつかいいける?」と聞くと、「あたしまだ3さいだから、5さいになったらね」と絵本の中のみいちゃんと同じ5さいになったら「できる」と思っているようです。

    まだまだ赤ちゃんに近い娘ですが、「いつかはやってみたい!」と思っているのが感じられます。

    掲載日:2010/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作!

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    3歳ころから娘のリクエストで読んでいます。初めは内容というより、お金が転がるシーンなどにひかれていたようでしたが、何度何度も読んでほしがるというのは、この本がそれほど魅力的だからでしょう。今知りましたが、けっこう古い本なのですね。そんなことは全然感じさせません。
    女の子が初めておつかいにいくときのドキドキが伝わってきます。親としては、女の子が車にひかれないか、変な人に声をかけられないかなどドキドキはらはらしながら読みました。初めてのおつかいは、親の方が子どもより緊張してしまうかもしれませんね。最後のお母さんが迎えに出ているシーン、ほっとします。
    一度は読んでほしい本です。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時代の流れを感じます…。

    自分が幼かった約30年前、みいちゃんのようにしょっちゅうおつかいに行っていた。お金をもって一人で買い物に行けることで、ワクワクして大人の仲間入りできたような気がした。

     今の時代はどうだろう…。子どもを巻き込んだ犯罪、共働き世帯の増加、地域とのつながりの弱体化など原因でめっきりおつかいをしている子どもの姿をみかけない。

     今の子ども達にもみいちゃんのようにたくさんおつかいをしてほしいな…。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • みいちゃんの笑顔が印象的

    当時、福音館さんの「こどものとも」で届いたうちの一冊です。
    我が家もこの絵本とおなじくらいの間隔の2人の子供を忙しく育てていました。この絵本の、赤ちゃんのいるお母さんの忙しそうな様子や、一生けんめいなみいちゃんの健気な様子が伝わってきて、毎晩の定例の読書タイムにたびたび登場する絵本でした。
    ぼろぼろになるまで読んだ家族の思い出の愛読書です。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい絵本ですね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    長く読まれ続けている理由がわかる気がします。時代は変わり、今ではこの本に登場してくるような商店はあまり見かけなくなりましたが、お使いに出た子供の心情は今も昔も変わらないのではないかなと思います。うちもそろそろかな…。

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物

    林明子さん(今回は絵のみ)の絵本は
    ほんもの感がものすごいですね
    なんというか子供にコビていないというか
    このストーリーには子供にばかりかまってられない大人も
    登場するし子供中心で世界は回っていないことも
    描かれている
    だけど子供の目線にちゃんとたっている
    だから引き込まれる
    今の時代とはすこしかけ離れてきているのかも
    しれませんが
    だからこそ読み継がれていくべきものなのかなと
    思いました

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ感

    女の子が初めておつかいに行くドキドキ感がストレートに伝わってくる絵本です。
    娘はまだ一人でおつかいに行ったことがないので、このドキドキ感はわからないようですが、それでも熱心に見ていて、女の子が無事にお母さんのところに帰れたときは安堵の表情をしていました。
    娘よりもむしろ私が入り込んでしまった絵本でした。
    自分が小さいころ、おつかいの途中で何を買ってくればいいのかを忘れてしまってドキドキしたことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はじめてのおつかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット